So-net無料ブログ作成
テレビ・ラジオ ブログトップ
前の5件 | 次の5件

【この動画は凄い迫力! クジラと闘うダイオウイカ ~科学者の執念~】 [テレビ・ラジオ]

今日、NHKスペシャルの再放送を観ました。

いつものようにNEWSWEB24を観ていたら始まって勢いで観てしまいました。

【1日の終わりのニュース 『NEWS WEB24』の看板娘】

『世界初撮影!深海の超巨大イカ』

世界有数の科学者や技術者がチームを組んで小笠原の海で巨大イカの深海での撮影に挑んだ記録です。

最大で18mもある巨大イカ、ダイオウイカは今まで一度も泳いでいる姿を撮影されたことがなかったということです。

そこで50名ものスタッフが11か国から集まってのプロジェクトです。

そのリーダーが国立科学博物館の館長さんです。

この方、「ど~しても」この巨大イカが見たいようです。

私も子供の頃、図鑑でクジラと闘うイカの姿(絵で)を見たことがあります。

ダイオウイカ

こんな絵も…。
ダイオウイカ


最新技術を駆使したこんな潜水艇を2艇も投入です
ダイオウイカ_潜水艇

こんな感じで水深1000mまで潜れちゃうそうです。視界は340度。ほとんどカプセルみたいです。
ダイオウイカ_潜水艇

このスタッフたちはいろいろな方法でダイオウイカとの遭遇を試みます。

このイカと闘うとされているマッコウクジラの背中に吸盤でカメラをつけて無人撮影してみます。

『マッコウクジラ VS ダイオウイカ』


このマッコウクジラとの絡みは期待が高まりましたが、結局途中で吸盤が外れてイカは写っていませんでした。


また違う博士は潜水艇に注射器を付けてジュースをまき散らしておびき出したり。

ちなみにこのジュースはダイオウイカの切り身をジューサーにかけてジュースにしたものです。

きっと体のどこかの部位に『フェロモン』が含まれているからこのフェロモンに誘われて出てくるというものです。

やってみたら小さいイカは寄ってきましたが『本命』はやってきませんでした。

結局、リーダーのアイデアということでエサとなるイカを潜水艇につけて『釣り』です。

そして、見事!ご対面。

普通に考えたらこれが一番手っ取り早い感じがするのですが…。

3m級の奴がきらきら光って、エサのイカに食いついて離れません。


とにかく世界初!ということですごいことのようなのですが、何となく、「でもイカですよね?」って感じも否めない…。

とにかくすごい先端技術の機材とスタッフですからね。

きっと生物学の世界ではすごいんでしょうね。

でも、番組はとても面白かったです。

あの潜水艇で深海のキラキラ光る生物を見たいなって思いましたが、あの潜水艇で何百メートルも潜水するなんて勇気が出なさそうです。

しかももし18mもある巨大イカが襲ってきたらどうしてたんでしょう?


あ、ちなみに『 クジラ VS イカ 』の映像はアニメーションのようです。

カテゴリ別記事一覧
〔テレビ・ラジオ〕
◆ 気になった番組のご紹介やテレビ・ラジオにまつわるお話をあれこれ…。
テレビ・ラジオ_はるのたわごと_カテゴリ別記事一覧_画像
画像をクリックすると関連カテゴリの記事一覧がご覧になれます



スポンサーリンク

記事を最後までお読み下さり
ありがとうございました<(_ _)>

記事が良かったと思われた方は
ご協力のクリックをお願いします
 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
〔当ブログのご紹介〕
『はるのたわごと』ってこんなブログです

〔サイトマップ〕
『はるのたわごと』の歩き方

〔記事カテゴリ一覧〕
『はるのたわごと』の記事カテゴリをご紹介

⇒ 最新記事へ

スポンサーリンク

nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

【はまった?韓流ドラマ 赤と黒】 [テレビ・ラジオ]

私は韓流ドラマって観たことがなかったのですが、いつの間にかはまってしまったドラマがあります。

NHKでやっていた『赤と黒』です。

NHKドラマ_赤と黒

既に昨年末に最終回が放映され終わってしまっていますが…。

私が帰宅していそいそとブログを書いていると、毎週火曜日、妻がこのドラマを観ていて、いつまにか続きが気になりだして…。

最初はブログを書きながら観ていたのですが字幕で観ていたせいもあり最後の方は完全に集中して観ていました。


妻は韓国語を熱心に勉強しているせいか日本語吹き替え版ではなく韓国語で観ていたのです。

劇中、激しいやりとりがあるので韓国語の発音の方が迫力があるかもしれません。

特に主人公と敵対するヘシングループの肝っ玉母さんのヒステリックな声は原音の迫力が良いでしょう。

NHKドラマ_赤と黒

主人公のゴヌクも憂いがある感じが良かったですが女性陣もなかなかです。

この記事の冒頭の写真の女性テラさんはとても綺麗です。

私の中では韓国の吉瀬美智子です。(笑)

またヒロイン・ジェインさん。

鼻がちょっと整形を予感させますが可愛らしいです。

私の中では韓国の北乃きいです。(笑)

右がジェインさん(左はウォニン)
NHKドラマ_赤と黒

そして、何よりコミカルなキャラクターのジェインさんの妹、ウォニン。

私の中では、大きくなった鈴木福くん、あれ?
akatokuro03.jpg

シリアスなドラマで一服の清涼剤的な役割を果たしていました。

ちなみに上の写真の男性、テソンさんは、韓国のキムタクかな?


ドラマの内容はと言えば…。

主人公は、過去に辛い思いをさせられた財閥家族への復讐のために巧妙な策を弄して近づき一家を次々に不幸へと導くというお話。

昔、山口百恵とか宇津井健が出ていたドラマ『赤いシリーズ』を彷彿とさせます。

ちょっと最後は悲しい結末でした。

ハッピーエンドが好きな私には残念だったかな‥‥。



カテゴリ別記事一覧
〔テレビ・ラジオ〕
◆ 気になった番組のご紹介やテレビ・ラジオにまつわるお話をあれこれ…。
テレビ・ラジオ_はるのたわごと_カテゴリ別記事一覧_画像
画像をクリックすると関連カテゴリの記事一覧がご覧になれます



スポンサーリンク

記事を最後までお読み下さり
ありがとうございました<(_ _)>

記事が良かったと思われた方は
ご協力のクリックをお願いします
 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
〔当ブログのご紹介〕
『はるのたわごと』ってこんなブログです

〔サイトマップ〕
『はるのたわごと』の歩き方

〔記事カテゴリ一覧〕
『はるのたわごと』の記事カテゴリをご紹介

⇒ 最新記事へ

スポンサーリンク

nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

【限りなく実業界に近い村上龍】 [テレビ・ラジオ]

私は高校から大学に進学する頃、村上春樹とか村上龍の小説をよく読んでいました。

窓辺の文庫本とメガネ

あまり内容は良く判らなかったのですが、なんとなく文章が好きで好んで読んでいました。

たぶん私生活では絶対接点がなさそうな内容に興味をひかれたのではないかと思います。

なんか人間臭さがあまり感じられない村上春樹とドロドロした内容の村上龍ではあまり共通点はないのかもしれませんが、私のなかでは何故か同じくくりになっています。


村上龍の有名な作品「限りなく透明に近いブルー」では、ドラッグとか荒廃した生活を送る主人公が描かれており浮世離れというか、一般社会とは隔絶したところで生きている人を想像していたのですがテレビの司会者をするとは思いませんでした。

村上龍

1987年から始まった「Ryu's Bar 気ままにいい夜」という番組で見た村上龍は、

私の想像とは全然違う人でした。

Rui's Bar_気ままにいい夜

何でも「したり顔」で語るニヒルな人かと思ったら、とても「ふつう」な感じがしました。

わからないことを「ふつう」に「わからない」と言い、人に対してストレートに疑問をぶつける、

そんな感じがとても印象に残りました。

しかも番組にくるゲストも芸人とか私にとってはふつうの人で、もっと難しい話しかしない人じゃないかと思ったのですが、身近なことをなんだか一生懸命話している感じがしました。

なんか不器用な感じで…。


その次に意外だったのは、この本でした。




「13歳のハローワーク」、子どもに職業を紹介する本です。

子供とか、職業とか、なんか結びつきませんでした。

でもテレビでのトークなどを見聞きしているうちに、「こういう人なんだな」って思うようになりました。

実業とかと無縁な人かと思ったのですが、未来のことを考えて実業との接点の大切さを説きたいのかなって。


現在、放映しているこの番組、

カンブリア宮殿

「カンブリア宮殿」を観たときには、「村上龍」らしいなって思いました。

毎回、経済界で話題の人をゲストに招き「商売」について聞く番組ですが、とても「素朴な」質問を投げかけていろいろな言葉を引き出します。

質問は素朴な感じですが、きちんと考えながら選んだ質問をしているのだと思います。


床屋の待ち時間の暇つぶし用に買った文庫本

『カンブリア宮殿 村上龍×経済人 社長の金言』

のまえがきにはこんなことが書かれていました。

 企業の経営戦略にしても似たようなことが言える。ある成長企業の戦略がすべての企業に有効なわけではない。だから「カンブリア宮殿」では、わたしはその点にもっとも注意を払っている。

  (中略)

 そんな当たり前のことを、ほとんどのマスメディアはどういうわけかあまり考慮しない。単に成功者や成功している企業の成功の「秘訣」を無批判に紹介しがちだ。
 そしてマスメディアのそういった態度は、現在安易に「金言」が求められている社会風潮とリンクしている。わかったような気にさせてくれる報道しかできない大手既成マスメディアがあり、わかったような気になりたい人がいて、不幸なことに両者が結びついている。
『カンブリア宮殿 村上龍×経済人 社長の金言』まえがき より

いろんなことを考えていながらも、なんか素朴に質問する感じが、何でも分かったようにインタビューする人に比べると信用できるような気にさせられます。

何となく私の様な凡人でも思いつきそうな視点でインタビューしている気にさせますが、意外にそうでもないことに気づかされたりします。

難しいことも言うわけでもなく、でもとても「真面目」に物事に向き合っている感じがします。

テレビに出演する人の中で好きな人の一人です。

ちなみにこのブログに映画や音楽のジャンルがあるのに本の紹介というジャンルがないのは…、

私、あんまり本を読まないからです。特に小説は。

ですので最近の彼の本は読んでいないので小説家としての最近の村上龍は全く判りません…。



カテゴリ別記事一覧
〔テレビ・ラジオ〕
◆ 気になった番組のご紹介やテレビ・ラジオにまつわるお話をあれこれ…。
テレビ・ラジオ_はるのたわごと_カテゴリ別記事一覧_画像
画像をクリックすると関連カテゴリの記事一覧がご覧になれます



スポンサーリンク

記事を最後までお読み下さり
ありがとうございました<(_ _)>

記事が良かったと思われた方は
ご協力のクリックをお願いします
 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
〔当ブログのご紹介〕
『はるのたわごと』ってこんなブログです

〔サイトマップ〕
『はるのたわごと』の歩き方

〔記事カテゴリ一覧〕
『はるのたわごと』の記事カテゴリをご紹介

⇒ 最新記事へ

スポンサーリンク

nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【「未来少年コナン」と「七瀬ふたたび」をふたたび】 [テレビ・ラジオ]

今日は、午前中から懐かしい番組をやっていました。

『NHKアーカイブス テレビ60年(1)「わくわくドキドキ!アニメ&少年ドラマ」』

未来少年コナンの第1回目の放送です。

子供の頃、夢中で観たアニメです。

未来少年コナン

宮崎駿作品である、この未来少年コナンは「人類の愚かさ」みたいなメッセージ性もあるのですが、やっぱりこのアニメの魅力は登場人物がみな魅力的だということです。

もちろん一番はこの二人でしょう。

主人公「コナン」とヒロイン「ラナ」
未来少年コナン_コナンとラナ

コナンはどんな状況でもあきらめないヒーローです。

いろいろな場面で火事場の馬鹿力的な『ミラクル』を引き起こします。

足の指で飛行機にぶら下がったりもします。

そして極めつけはこんなエピソードです。

海中に手足に手錠を掛けられ鎮められ絶体絶命のピンチに口移しで息をつないでくれたラナが‥‥

未来少年コナン_コナン救出シーン

目の前で意識を失うの見て手錠を壊しラナを救出して海上へ。

スーパーボーイです。

そして何より周りの人を虜にしてしまうほどの屈託のなさがその魅力です。

仇であったバラクーダ号船長「ダイス」とインダストリア行政局次長「モンスリー」もいつの間にか味方となって、最後はこの二人、結婚してしまいます。

未来少年コナン_ダイスとモンスリー

以前小学生と中学生の私の子供たちにDVDで観せましたが、二人ともすっかりハマって全巻観ることとなりました。

やはり良いものは世代など関係なく夢中になるものです。


さて、もうひとつ懐かしい番組は、少年ドラマ『七瀬ふたたび』

七瀬ふたたび

少年少女を対象にしたドラマがNHKでやっていたのです。

「七瀬ふたたび」は筒井康隆のSF小説が原作です。

このドラマの主演の多岐川裕美さんがコメンテーターとして番組に出演していました。

懐かしかった‥‥。

歳をとっても綺麗でした。

劇中の彼女もとてもきれいなお姉さん役でした。

七瀬ふたたび_多岐川裕美

きっと当時の少年少女は憧れたんでしょうね。

この少年ドラマシリーズは当時とても人気があり、特にタイムトラベルものは私たちを夢中にしました。

後に原田知世主演の映画にもなった「時をかける少女」もこのドNHKのラマシリーズでは、「タイムトラベラー」というタイトルで放映されました。

『時をかける少女』とのコラボ 進撃の巨人のキャラが平和な世界で生きていたら…
『進撃の巨人』の泣ける動画があった。『時をかける少女』の「変わらないもの」の涙腺崩壊力


今回の放映で初めて知ったのですが、当時はフィルムは高価だったのでドラマの放映が終わったら他の放送のために上書きして使っていたためNHKにもフィルムが残っておらず、視聴者の方の供出品で再現されたということです。

再放送が実現しない番組はこんな理由のようです。

このドラマシリーズを振り返り、多岐川さんは、

「今と違って時間をかけて丁寧に作っていた。」

と話していました。

そして最後に、

「テレビは時報替わりだったり音がないと寂しいからという理由で点けられていることもあるけど、本当にその番組を観たくてテレビの前に座ってもらえるような作品があったらいい。」

というようなことも話されていました。

是非、私もそういう番組を楽しみしています。

カテゴリ別記事一覧
〔テレビ・ラジオ〕
◆ 気になった番組のご紹介やテレビ・ラジオにまつわるお話をあれこれ…。
テレビ・ラジオ_はるのたわごと_カテゴリ別記事一覧_画像
画像をクリックすると関連カテゴリの記事一覧がご覧になれます



スポンサーリンク

記事を最後までお読み下さり
ありがとうございました<(_ _)>

記事が良かったと思われた方は
ご協力のクリックをお願いします
 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
〔当ブログのご紹介〕
『はるのたわごと』ってこんなブログです

〔サイトマップ〕
『はるのたわごと』の歩き方

〔記事カテゴリ一覧〕
『はるのたわごと』の記事カテゴリをご紹介

⇒ 最新記事へ

スポンサーリンク

nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

【ラジオというメディア ~「あ、安部礼司」ってホントにナイスサーティー?】 [テレビ・ラジオ]

ラジオって、ちょっと特殊なメディア?ってふと考えました。

テレビなんかより歴史もあるし他のメディアの方が特殊なのかもしれませんが、テレビで育った世代でしかもその中でも生粋のテレビっ子の私はどうしても基準がテレビになっちゃうのかもしれません。

【生粋のテレビっ子だった私が大人になったらこうなった】

携帯ラジオ

携帯電話やスマートフォンやパソコンには置き換えづらいメディアというか…

ラジオは『絵』や文字に頼らないメディアなのでその発展の歴史って書籍やテレビとは、また違うものを持っているのではないかと…。

メールやツイッターが発達しても聴取者に届けるには『誰か』が『声』を出して読まないと届かない

情報の送り手が今も、そしておそらくこれからも、『人間』という『感覚』が残っているメディア… そんな感じでしょうか。

私はクルマと自分の部屋で過ごしている時にFMを聴いています。

パーソナリティの語りと音楽を楽しむのは「何かをしながら」にちょうどいい環境です。

確かにテレビもBGMの様に「流しているだけ」ということもありますが、それは本当に「単なるBGM」なのですが、ラジオは、『ながら』でも、きちんと番組を楽しむこともできるところが良いです。

人間の未来の姿として、頭が大きく顎が細長くなり、目だけがギョロっとして手足が貧弱になり指だけが異常に発達するのではないか?なんて言われることがありますが、

宇宙人のイラスト

PCや携帯やスマホやi-padのようなものに偏ることなく五感をまんべんなく使えばきっとこんな姿にはならなくて済むでしょう。(笑)

現在の状況は視覚からの情報が多すぎるのだと思います。

目を閉じながらとか、遠くの綺麗な景色を眺めながらとか、そんな状態でゆったりとした時間が流れるようなラジオ番組を楽しむのがいいですね。

ラジオと言えば…、

番組作りとしてパーソナリティの味が出るような気がします。

テレビほど視聴率(ラジオの場合は聴取率?)にアクセクしている感も無いのも聴いていてゆったりした気持ちになりやすいかもしれません。

テレビは視聴率至上主義があまりに過剰すぎて、『ザッピング対策』が露骨だったりしてどうしてもじっくりは入り込めないところがあります。

ラジオは自然に入り込める感じで単なるBGMとは違う存在に成り得るような気がしています。

(でも私は生粋のテレビっ子なので、そんなんでもテレビとは縁は切れないですが…)

さて、そんな私はFMでも特にFMTOKYOを聴くことが多いです。

日曜日の午後は結構楽しみにしています。

わざわざ聴いたりはしませんがラジオを聴くシチュエーションとタイミングが合えば山下達郎の「サンデー・ソングブック」福山雅治の「トーキングエフエム」を楽しみながら聴いています。

そのあとの「あ、安部礼司」も流れる曲を楽しみしています。

番組は30代を意識しているそうですが、どちらかと言うと40代向けの選曲の様な気がするのは気のせいでしょうか?

既に主人公の安部くんもお子様がしゃべるようになっており、サザエさんと違って歳をとっているので選曲もだんだん「元30歳」向けのような…。

単純にスタッフも一緒に歳をとっているからとか
(^_^;)

カテゴリ別記事一覧
〔テレビ・ラジオ〕
◆ 気になった番組のご紹介やテレビ・ラジオにまつわるお話をあれこれ…。
テレビ・ラジオ_はるのたわごと_カテゴリ別記事一覧_画像
画像をクリックすると関連カテゴリの記事一覧がご覧になれます



スポンサーリンク

記事を最後までお読み下さり
ありがとうございました<(_ _)>

記事が良かったと思われた方は
ご協力のクリックをお願いします
 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
〔当ブログのご紹介〕
『はるのたわごと』ってこんなブログです

〔サイトマップ〕
『はるのたわごと』の歩き方

〔記事カテゴリ一覧〕
『はるのたわごと』の記事カテゴリをご紹介

⇒ 最新記事へ

スポンサーリンク

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の5件 | 次の5件 テレビ・ラジオ ブログトップ
壁紙_家族の絵001.jpg
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。