So-net無料ブログ作成

【生活保護について ~その負担と恩恵】 [ピックアップ!]

生活保護の議論が活発になってきています。

 生活保護まず3%削減 厚労省、3年で1割目指す 
 厚生労働省は18日、生活保護の支給水準を2013年度に平均で約3%引き下げる方向で調整に入った。13年度から3年かけて支給水準を見直し、自民党が政権公約で掲げた1割下げを目指す。デフレで下がってきた物価水準を考慮した上で、世代や家族構成によって生じる支給額のゆがみを解消する。来週以降、引き下げに慎重な公明党との調整を急ぐ。
日経新聞 記事から引用

この議論をする際には、正確なデータに基づいてされることを特に願いところです。

ブログ記事トップ画像_孤独な老人


低所得者層の生活費の水準より高い給付がなされている実態が報告され、これではあまりにもバランスが悪いということで、修正が議論されているようですが…。


もちろん国民の税金が使われているのでもし正しくないのであればそれを是正するのは良いことだと思います。

ただ全体の支出に占める割合とか議論のもとになっているデータ、例えば比較対象になっている「低所得者」の定義とか、不正受給の実態とか、ムードに流されない取扱いを望むところです。

既に、『弱者切り捨て』だということで反対表明する団体もあります。

最近は、『生活保護ビジネス』なるものも存在し、いろいろと議論されるべき内容も多岐にわたるのかもしれません。

私は大家業界の情報も見ていますが、大家さんのなかには、『生活保護世帯』を一つの市場としてみている方々もいます。

普通に考えて働く人より多くの補助を受けているのは、どうかと思いますが、困っている人に対する補助を一律に削減して、本当に困っちゃったらどうするんだろうとも思います。


とても難しい問題だと思います。  


不正受給に関しては、0.4%程度なのに申請して受給の許可が下りるのは3割程度の実態とか、受給比率が高まっているのは高齢者であることとか、よく検討しないといけないですね。


そして、ある人のブログで見た内容は私にとっては結構ハッとさせられました。

それは、

『生活保護』を一種の魔女狩りの魔女のように叩いて、うっぷんをはらしても、

実は自分のセーフティネットを毀損(きそん)していということに気づかないのは愚かなこと…。

ということです。


確かにそうかもしれません。

私自身、現在は生活に困ることはありませんが、会社が傾いたが故に転職を迫られた経験が2回もあり、いつなんどき、国家のセーフティネットのお世話になるかわかりません。

一生食うに困らないだけの資産をもっているならともかく、給料という定期的な収入があって成り立っている生活ならば、本当にいつなんどき『食うに困っちゃう』日が来ないとも限りませんから…。

前回の転職の時には『もし失敗したら…』という強い覚悟で臨みました。

また妻が入院した時には医療費の負担が少なくて済み、本当に恵まれた状況にあると感じたりもしました。

アメリカなどでは医療費の負担も大きく、そう簡単には医者に行かないということを聞いたことがあるので日本の状況をありがたく感じました。

確かにそういう仕組みが重すぎて、大した症状でもないのに医者に掛かりすぎるとか、薬漬けにする医師がいるとか問題がないこともないし、国家財政を圧迫する要因になっているのかもしれません。

でも、やっぱり自分も国家に守ってもらう側になるかもしれないと考えると、簡単にセーフティネットを軽くする方向なのを『負担が軽くなった』などと考えられない気もします。

とにかく、うまく感情論で誘導されるようなことだけはしないようにしないと…。 



カテゴリ別記事一覧
〔ピックアップ!〕
◆ 話題のニュースや社会の出来事についてのコラムです。
できるだけ自分なりの視点で記事を書くようにしています。新しい発見があるかも?

ピックアップ!_はるのたわごと_カテゴリ別記事一覧_画像
画像をクリックすると関連カテゴリの記事一覧がご覧になれます



スポンサーリンク

記事を最後までお読み下さり
ありがとうございました<(_ _)>

記事が良かったと思われた方は
ご協力のクリックをお願いします
 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
〔当ブログのご紹介〕
『はるのたわごと』ってこんなブログです

〔サイトマップ〕
『はるのたわごと』の歩き方

〔記事カテゴリ一覧〕
『はるのたわごと』の記事カテゴリをご紹介

⇒ 最新記事へ

スポンサーリンク

nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
壁紙_家族の絵001.jpg
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...