So-net無料ブログ作成
検索選択

【いじめについて思うこと ~意図せずいじめている側に回ってることを意識する~ 】 [コラム集 「TAWAGOTO」]

いじめの問題は、大きな事件が起きたとき、自殺や教職員の対応に問題があったときなどにクローズアップされますね。

いじめは許されることではないと思いますし、その犠牲になっている人がいたら少しでも早く一人でも多くの被害者の方々を助け上げられることを考えたいと思います。

教室

最近のある事件とそれにまつわる社会的な出来事を知るにつけ、私が時々思うことを改めて考えさせられました。

それは加害者とされる生徒及びその家族の個人情報が流出したり、その加害者家族と間違えられて勤務先に脅迫状や脅迫電話などの被害があったということです。

人は時として匿名だと思いもよらぬような極端なことができてしまうものだと感じずにはいられません。

そして、何よりこの行為そのものが「いじめ」と相通ずるものがあると思えてしまいます。

不確かな情報に基づいて、人を裁くような、制裁を加えるようなことは簡単にはできないと思います。

私はマスコミにもこの「いじめ」と相通ずるものを感じてしまいます。

ひとたび「悪役」として認知され世間の共感が得られると判断されたとたんに、「これでもか」というくらい「たたきのめす」ような気がします。

マスコミの影響力は大きいので発する側がそう意図していなくても、された側は「たたきのめされちゃうんじゃないかな」って思う時があります。

確かにネットや週刊誌が発信することで、それまで取り合ってもらえなかったような事柄がクローズアップされ、正義が貫かれるきっかけとなることの意義も感じるときもあるのですが、両刃の剣であるという気がして恐ろしさすら感じるときがあります。



◆ 「ふと思ったこと」や「自分の考え方を整理する」意味で書き綴ったコラムです。
コラム集「TAWAGOTO」_はるのたわごと_カテゴリ別記事一覧_画像
画像をクリックすると関連カテゴリの記事一覧がご覧になれます



スポンサーリンク

記事を最後までお読み下さり
ありがとうございました<(_ _)>

記事が良かったと思われた方は
ご協力のクリックをお願いします
 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
〔当ブログのご紹介〕
『はるのたわごと』ってこんなブログです

〔サイトマップ〕
『はるのたわごと』の歩き方

〔記事カテゴリ一覧〕
『はるのたわごと』の記事カテゴリをご紹介

⇒ 最新記事へ

スポンサーリンク

nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
壁紙_家族の絵001.jpg
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...