So-net無料ブログ作成

【倒産・退職勧奨・リストラ… 転職を余儀なくされたとき 「自分の市場価値を知る」編】 [転職成功方程式]

一つの危機管理です。

前回の記事【倒産 退職勧奨 リストラ… 転職を余儀なくされたとき 「スケジュール管理」編 】では突然降りかかった仕事を失う危機に対するスケジュール管理に関して転職特有の注意点などをご紹介しました。

スケジュールを立てたなら、次は転職市場における『自分の市場価値』について考えてみましょう。

自分で思っているのと市場がどう思うかは別です。

公的機関を利用してスキルチェックをしたり、人材紹介会社でスキルチェックをしたり、エージェントに意見を求めたり、リクナビのようなサイトに求職登録して、どのような企業、条件のオファーがあるのか、そんなことで市場価値をある程度は判定できます。

市場価値を判定する要素は沢山あります。

「年齢」 「過去の転職回数」 「持っている資格」 「キャリア」 「過去にもらっていた給料」「健康状態」 「過去の作品や実施プロジェクト」「営業成績」「顧客」

数え上げたらきりがないほどです。

自分はどの程度の企業で採用される確率が高い人材なのか?

自分はどの程度の給料がもらえる人材なのか?

客観的にびしっと数値化するのは難しいと思いますが、他者の意見などを聞いて大雑把には確認しておくと良いと思います。

もちろん実際に応募を始めて企業の反応などからこの判断を微調整していくことも大事な転職活動の一つです。

ここで注意したいのが、

『現在の給料は転職市場において提示される給料より通常は高い』

ということです。

現在の給料は、現在の会社での過去の貢献が反映されていますが、転職市場ではそれらがすべてリセットされてしまいます。

そのため、汎用性の低い知識や経験、キャリアで積み上げてきたものが多ければ多いほど、市場とのギャップが生じやすいという点です。

一つの会社で、一歩一歩地位を築いてきたような方は注意が必要です。

もちろん、そうした人は新しい会社でも基礎をおろそかにせずに着実に仕事をこなしスキルを伸ばすことも期待されるでしょうからプロの採用担当者の方はそのようなことも考慮して採用を検討することでしょう。

それでも採用時の給料は概して低めに設定されがちではないかと思います。

そんなことも加味しながら、自分が狙っていく企業、条件はどのくらいかの「あたり」をつけます。

そして、

『自分と言う商品』

が市場で「どう見られている」のかを理解した上で、どのように転職活動を展開していくのかを考えたら良いのではないでしょうか?

【「うまくいかなかったとき」を次に活かすことと『転職の個別性』】でも触れたように、転職活動は個別性が強い活動だと思います。

従って、市場でどう見られているかということを意識しつつも、一方では通常のアプローチでは見えづらい市場価値を高められる自己の優位性を『どう見せていくのか』ということも大事な点だと思います。

例えば、転職サイトなどに登録する「求職者情報」などでは伝えきれない、自分という商品の『売り』があるのなら、それをどうやって伝えていくかも考えなくてはなりません。

いくら高いスキルを持っていてもそれが伝わらなければ「他の人」と同じ扱いになってしまいますから…

価格は一般的に需要と供給によって、決まります。

給料にもあてはまる側面があると思います。

安い給料でも、『働かせて下さい!』って人が沢山いれば、相場は安くなります。

逆に、高度な技術が必要で、その対象者(労働力)そのものが市場にあまり出回らなければ、

『高い給料払いますので、来てください』

ってことになります。

自分は一体、市場でどういう商品なのか?

これを見極めながら転職活動を進めることは本当に大事だと思います。

思っていたよりも自分の市場価値が低いと感じても落ち込む必要はありません。

むしろ、これまではラッキーだったわけですから過去の幸福に感謝すれば良いと思います。

そして、今後はどうするか、前を向いて判断し、活動していけば良いと思います。

この時に、例えば、前職の年収が1000で、自分のこれからの転職活動では600を希望年収と考えて転職活動をしよう!と考えたなら、必要なことはまだあります。

当然、400も差異があれば、現在の生活はなりたたないという現実を直視して、生活を変える必要があることを認識しておくことです。

そして、家族にも同意を得なければなりません。

そうしないと、一生懸命活動して、就職先を勝ち取ったのに、家族から「え?そんな年収低い会社でこれからやっていけというの?」ってことになりかねません。

「じゃぁ」なんて、もう一度高年収を目標に活動をやり直ししますか?

市場価値に基づいた目標が決まったら家族との意見調整も必要だと思います。


「いきなり降りかかった災難だ!」

そう思うと取り乱してしまう気持ちもあるかもしれませんが、まずは一呼吸落ち着いて適切なスケジュール管理と目標設定をして、大事な家族とのコミュニケーションも充分とった上で活動に臨んで欲しいなって思います。

次の記事は‥‥
【倒産・退職勧奨・リストラ… 転職を余儀なくされたとき 「転職に向き合う姿勢」編】

Facebook転活アプリ


カテゴリ別記事一覧
〔転職成功方程式〕
◆ 転職活動に関して『ヒント』になるようなコラムを書いています。
私の4度の転職の経験がお役立て頂けたら嬉しいです。

転職成功方程式_はるのたわごと_カテゴリ別記事一覧_画像
画像をクリックすると関連カテゴリの記事一覧がご覧になれます


カテゴリ別記事一覧
〔私の転職活動〕
◆ 私の過去4回の転職活動について書いています。
転職活動の参考に、また読み物としてお楽しみ下さい。

私の転職活動_はるのたわごと_カテゴリ別記事一覧_画像
画像をクリックすると関連カテゴリの記事一覧がご覧になれます



スポンサーリンク

記事を最後までお読み下さり
ありがとうございました<(_ _)>

記事が良かったと思われた方は
ご協力のクリックをお願いします
 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
〔当ブログのご紹介〕
『はるのたわごと』ってこんなブログです

〔サイトマップ〕
『はるのたわごと』の歩き方

〔記事カテゴリ一覧〕
『はるのたわごと』の記事カテゴリをご紹介

⇒ 最新記事へ

スポンサーリンク

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職
壁紙_家族の絵001.jpg
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。