So-net無料ブログ作成
検索選択

【ヘッドハンターと会ってみた ヘッドハンティングの実体験 ~経理管理職の転職9~】 [私の転職活動]


〔09〕
ヘッドハンターと会ってみた ヘッドハンティングの実体験

ヘッドハンティングとは…。まずは待ち合わせの喫茶店へ行くことにしました。

ヘッドハンティングというとちょっとドラマ風ですが、アプローチはほかの人材紹介会社と同様でした。

人材バンクネットに登録された私の経歴を見た担当者(大げさに言えばヘッドハンター)からメールで「先ずは会いませんか?」というお誘いがあったのです。

他のエージェントが、「先ずは当社に求職者登録を!」とか「紹介したい会社があります」といったアプローチに対して、「あなたの経歴に興味を持った、だからまずは会いたい」といったスタンスがちょっと違ってました。

正直なところ胡散臭さも感じていました。

「なんか、怪しいな…。喫茶店をアポイントにいきなり誘ってくるなんて…」

というのが最初の印象でした。

とにかく怪しいツボでも売られそうになったら断って帰ってくればいいやという気持ちでアポイントの喫茶店へハンターに会いに行きました。


担当者はまだ20代と思われる若い男性でした。

物腰は丁寧ですが、話す内容というかスタンスというか、そういう微妙なところが一般の人材紹介会社の担当者と違う感じです。

まず、はっきり意見を言い、しかも断定的に言い切ります。

一般の担当者だと含みを持たせて断定的な「物言い」を避ける傾向にありますが、このハンターは違っていました。

自分の思った方向に持っていくため断定的に理論を展開します。

また年収だとか就職後のポジションだとか、そういうことについて非常に具体的な点を強調します。

しかも他人の仕事観に対して諭すような口調です。

どう見ても私より若いこのあんちゃんに…。

「今よりも確実に高い年収とキャリアアップに有効なポジションを用意する。

そのキーマンが私なのですよ。」

って感じでした。

「お前みたいな社会の厳しさもよく分かっていない若造に、

そんなに偉そうに言われたかないや。」

って思いましたが、そこはそれ、

『来る者拒まず、間口は広く』

がモットーの私でしたので、気持ちとは裏腹に「ありがとうございます。よろしくお願いします。」というスタンスを貫き通しました。

勿体つけていましたが喫茶店での面談の後半でやっと紹介の案件が出てきました。

心の中で

「そうだよ。早くそれを出せよ。」

なんて思っていましたが、とにかく案件の詳細をじっくりと聞くことにしました。

会社は創業2代目が経営する大手クリーニング業です。

非上場ですが、法人顧客も多く業績は安定しているようです。

経理の管理職候補としての採用ですが、大きな会社ではないので、経理がわかる人間が企画的要素で社長のブレインとして活躍を期待されているようです。

ヘッドハンティングでは書類選考はありません。

ハンターがこうやって書類選考にあたる選考を行い、そのふるいにかかった人間を実際に企業と引き合わせるという仕組みのようです。

私は事前の経歴とこの喫茶店の面談でハンターの「選考」は通過したようです。

恐らく選考に通過しないと、

「じゃぁ、いい案件があったら紹介しますので…」

などと言われて面談終了になるのでしょうね。

ハンターは短時間で話を進めたいようで、その場で社長との面談の約束を決めたいとのことでした。

いきなり社長面談とはすごいじゃないか!って感じで私は二つ返事で応じました。

3月7日に、あるホテルのラウンジで社長とハンターの3人での面談となりました。

「会社で面接じゃないんだ…」

なんとなく胡散臭さがぬぐえない展開ではありますが、このチャンスをフイにしたくはありません。

期待感満載の感じを演出してハンターと別れました。

もちろん帰ってからは、まずは企業情報の収集です。

社長面接対策で想定問答集の作成にも力が入ります。


一般の人材紹介会社では求人企業側の手数料は成功報酬ですが、こういうヘッドハンティングは求人活動そのものに手数料が支払われています。

ですから一次選考の品質の高さを求められるのだと思います。

ニーズに合致していないような人を紹介することはできないのでしょう。

そのためヒアリングも品定め的要素が強く、能力だけでなく仕事やキャリアアップに対する考え方など細かく「意見」とか「考え方」を求められます。

人間そのものを品定めされているような…

先述のように若干不快感も伴いますが、書類選考より面接が得意な私にとっては、結構良いアプローチだと感じました。


いきなり社長とのサシの面談、しかも慣れない高級ホテルのラウンジなどという場所ということで、いつになく緊張しながらホテルのラウンジへと向かいました。


次回は、社長の面接の様子などをお伝えしたいと思います。


それでは、次回をお楽しみに…

次の記事はコチラ

〔10〕
ヘッドハンティングでいきなり社長面接

ホテルのロビーでヘッドハンターと待ち合わせして簡単な打ち合わせをして、すぐに社長と待ち合わせのラウンジへ



シリーズ
〔経理管理職の転職〕
サラリーマン_分かれ道
経理課長として勤務していた企業がリーマンショックの影響をもろに受け転職を余儀なくされ立ち向かった経理マンの転職の記録
〔01〕
リーマンショック下の決断

私の転職の覚悟を強く維持してくれたもの…それは小学生の息子の流した大粒の涙でした…
〔02〕
嵐の中に飛び出した日

そして、ついに2008年の年末にリストラ案が採択され、現行の従業員の1/3以上を離職させるということになりました。
〔03〕
メンターとの再会

メンターの高見さんは開口一番、「はるさん、とにかく会社へ退職の意思表示をしないこと、これを絶対守ってください」
〔04〕
人材紹介サイトに登録しまくった

業種は本当にバラバラですね。職種はすべて経理職です。
〔05〕
初オファーは上場企業から!

「結構やるじゃん。上場企業に入れるかもしれないぞ!」と一気に気分は盛り上がりました。
〔06〕
リラックスして臨んだ初面接の結果は?

張り切って臨んだNM社紹介の衛生用品販売会社NC社の面接…
〔07〕
傷心の暇もなく応募し続ける

我が家の経済を破たんに追い込まないためには、何としても早く転職先を見つけないと…
感傷に浸っている暇はありません。
〔08〕
希望退職を決意した時にメンターに刺された釘

「退職するのは、次の就職先が決まってから」と、釘を刺されていました。
〔09〕
ヘッドハンターと会ってみた 「ヘッドハンティングの実体験」

ヘッドハンティングというとちょっとドラマ風ですが、アプローチはほかの人材紹介会社と同様でした。
〔10〕
ヘッドハンティングでいきなり社長面接

ホテルのロビーでヘッドハンターと待ち合わせして簡単な打ち合わせをして、すぐに社長と待ち合わせのラウンジへ
〔11〕
ヘッドハンティング企業への訪問 そして決断

ヘッドハンティングを受けた企業へいよいよ訪問です。
〔12〕
書類選考 通過しない日々の過ごし方

2月14日から2月28日までに応募した書類選考の結果です。
16戦全敗です。
〔13〕
面接官は立ち向かうべき敵ではない

ここは前向きにメンターの言う、「とにかく『合格通知』をゲットすること!」の教えに従うことにしました。
〔14〕
一次面接突破!

めでたく3月27日に合格の連絡がきました!
〔15〕
人材紹介会社の担当者次第でうまくいかないこともある…

確かに買い手市場のこの時期、求職者に主導権がないので大抵のことは飲みますが、これから入る会社の給料を「セリにかけられるような真似」をされて「はいそうですか」とホイホイ応えられません。
〔16〕
3件目の書類選考が通った!

「悩むのは、『合格通知』を手にしてから…」を自分に言い聞かせて応募したのですが、見事書類選考通過です。
〔17〕
「面接にはこっそり来てね。」 それって…

「実は今回の案件は現職の経理の管理職の方に問題があり後任者が決まり次第、更迭する予定なんです。」
「はい…………。」
〔18〕
合格ラッシュ到来か!!

まさに「捨てる神あれば、拾う神あり」です。
〔19〕
無給カウントダウンが始まった!

私は2009年3月31日をもって経理課長の職を辞し翌4月1日から無職の身となりました。
〔20〕
面接しながら応募を続ける

合格通知が来なくならないようする対策とは…
〔21〕
決戦前夜

甲社、乙社との決戦前…佳境に入った私の第4回目の転職活動…
〔22〕
とうとう来た合格ラッシュ!

自分のスキルの低さと転職活動の失敗に落ち込みながらも…「前に進むしかない!」と、来る決戦の日に向けて活動を続けていました。
〔23〕
さぁ、初めて立場が逆転した!

複数の企業からオファーが来た時の対処とは…
〔最終回〕
終わった…

健康診断書と小論文を持って臨んだ最終面接…即時に判明しました。

サラリーマン_握手
税理士試験突破を目指して日夜励んだ会計事務所職員での日々。しかし企業の経理職へ方向変換を余儀なくされ…。その転職活動とは?

Facebook転活アプリ


カテゴリ別記事一覧
〔転職成功方程式〕
◆ 転職活動に関して『ヒント』になるようなコラムを書いています。
私の4度の転職の経験がお役立て頂けたら嬉しいです。

転職成功方程式_はるのたわごと_カテゴリ別記事一覧_画像
画像をクリックすると関連カテゴリの記事一覧がご覧になれます


カテゴリ別記事一覧
〔私の転職活動〕
◆ 私の過去4回の転職活動について書いています。
転職活動の参考に、また読み物としてお楽しみ下さい。

私の転職活動_はるのたわごと_カテゴリ別記事一覧_画像
画像をクリックすると関連カテゴリの記事一覧がご覧になれます



スポンサーリンク

記事を最後までお読み下さり
ありがとうございました<(_ _)>

記事が良かったと思われた方は
ご協力のクリックをお願いします
 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
〔当ブログのご紹介〕
『はるのたわごと』ってこんなブログです

〔サイトマップ〕
『はるのたわごと』の歩き方

〔記事カテゴリ一覧〕
『はるのたわごと』の記事カテゴリをご紹介

⇒ 最新記事へ

スポンサーリンク

タグ:転職 経理
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

【希望退職を決意した時にメンターに刺された釘 ~経理管理職の転職8~】 [私の転職活動]


〔08〕
希望退職を決意した時にメンターに刺された釘

希望退職に応じることに決意した私は、メンターである高見さんにメールで報告しました。

退職を決意するに至った経緯とともに…

高見さんには、今回の転職活動を始めるにあたり、強く、

「退職するのは、次の就職先が決まってから」

と、釘を刺されていました。

そのアドバイスを破って退職を決意したのですから、きちんと状況の説明をするのが私の相談に親身にのってくれている方への最低限の礼儀だと考えたからです。

私の長文のメールを読んで頂き、

「そこまでお考えなら仕方ないです」

とご返事がきました。

「ただしリスクを背負っての転職となるから、とにかくまずは『合格通知』を手にすること」と

何より最優先することは『合格』すること 

だと指導されました。

何度も言われていた、

「その企業に就職するかどうか悩むのは、

『合格通知』を手にしてからにせよ!」

この言葉をこの時も強調されました。


高見さんはもちろん、「やみくもに応募しろ」と言われていたわけではありません。

一つは時間の経過はとても大事だということを教えてくれました。

退職してしまうと、そこから 無職期間のカウント が始まります。

履歴書を見られるときに無職期間が長いとそれだけで不利になります。

そのため悩んでいて応募に二の足を踏んでいるうちに時が過ぎ、結果として無職期間が延びていくことは非常に危険であること、悩んで応募しないうちに話が決まってしまって後で応募したいと思っても「時すでに遅し」になってしまうこともよくあること、とにかく、退職してからの転職は時間との闘いであるということです。


私は今まで以上に馬力を入れて応募の作業を繰り返していきました。

一気に人材紹介会社にアポイントのコンタクトを取ったのが、2月13日。

その後のアポイントを紹介すると…
1. AA社/2月15日
 ホームページにて求職者登録
  2月18日/先方オフィスにて面談/3社を紹介

2. AS社/2月15日
 人材バンクネットにて登録求人の3社の紹介依頼
  2月18日/JM社(機械商社リース業)に応募
  2月23日/SS社(IT系出版)に応募

3. MT社/2月19日
 人材バンクネット経由でスカウト
 2月28日/先方オフィスにて面談/2社を紹介

4. RS社/2月20日
 人材バンクネット経由でスカウト/RS社(ヘッドハンティング会社)
  2月28日/喫茶店にて面談/大手クリーニング会社KC社を紹介

5. PPS社/2月23日
 人材バンクネットにて登録求人の紹介依頼
 3月4日/先方オフィスにて面談/1社を紹介

6. CC社/2月25日
 人材バンクネットにて登録求人の紹介依頼
  (ジャスダック上場食品メーカー)
 その後、募集条件が厳しいため応募断念

2月の下旬はこんなところです。

先日お知らせしたスカウトメールでアポイントを取った会社とは別に、こちらからアプローチをした会社が多いですね。

そんななか、ちょっと他の人材紹介会社とは趣を異にした会社とのお話を次回したいと思います。

RS社…ここはヘッドハンティングの会社です。

人材バンクネット経由でヘッドハンティングのお話がありました。

それでは、次回をお楽しみに…

次の記事はコチラ

〔09〕
ヘッドハンターと会ってみた 「ヘッドハンティングの実体験」

ヘッドハンティングというとちょっとドラマ風ですが、アプローチはほかの人材紹介会社と同様でした。



シリーズ
〔経理管理職の転職〕
サラリーマン_分かれ道
経理課長として勤務していた企業がリーマンショックの影響をもろに受け転職を余儀なくされ立ち向かった経理マンの転職の記録
〔01〕
リーマンショック下の決断

私の転職の覚悟を強く維持してくれたもの…それは小学生の息子の流した大粒の涙でした…
〔02〕
嵐の中に飛び出した日

そして、ついに2008年の年末にリストラ案が採択され、現行の従業員の1/3以上を離職させるということになりました。
〔03〕
メンターとの再会

メンターの高見さんは開口一番、「はるさん、とにかく会社へ退職の意思表示をしないこと、これを絶対守ってください」
〔04〕
人材紹介サイトに登録しまくった

業種は本当にバラバラですね。職種はすべて経理職です。
〔05〕
初オファーは上場企業から!

「結構やるじゃん。上場企業に入れるかもしれないぞ!」と一気に気分は盛り上がりました。
〔06〕
リラックスして臨んだ初面接の結果は?

張り切って臨んだNM社紹介の衛生用品販売会社NC社の面接…
〔07〕
傷心の暇もなく応募し続ける

我が家の経済を破たんに追い込まないためには、何としても早く転職先を見つけないと…
感傷に浸っている暇はありません。
〔08〕
希望退職を決意した時にメンターに刺された釘

「退職するのは、次の就職先が決まってから」と、釘を刺されていました。
〔09〕
ヘッドハンターと会ってみた 「ヘッドハンティングの実体験」

ヘッドハンティングというとちょっとドラマ風ですが、アプローチはほかの人材紹介会社と同様でした。
〔10〕
ヘッドハンティングでいきなり社長面接

ホテルのロビーでヘッドハンターと待ち合わせして簡単な打ち合わせをして、すぐに社長と待ち合わせのラウンジへ
〔11〕
ヘッドハンティング企業への訪問 そして決断

ヘッドハンティングを受けた企業へいよいよ訪問です。
〔12〕
書類選考 通過しない日々の過ごし方

2月14日から2月28日までに応募した書類選考の結果です。
16戦全敗です。
〔13〕
面接官は立ち向かうべき敵ではない

ここは前向きにメンターの言う、「とにかく『合格通知』をゲットすること!」の教えに従うことにしました。
〔14〕
一次面接突破!

めでたく3月27日に合格の連絡がきました!
〔15〕
人材紹介会社の担当者次第でうまくいかないこともある…

確かに買い手市場のこの時期、求職者に主導権がないので大抵のことは飲みますが、これから入る会社の給料を「セリにかけられるような真似」をされて「はいそうですか」とホイホイ応えられません。
〔16〕
3件目の書類選考が通った!

「悩むのは、『合格通知』を手にしてから…」を自分に言い聞かせて応募したのですが、見事書類選考通過です。
〔17〕
「面接にはこっそり来てね。」 それって…

「実は今回の案件は現職の経理の管理職の方に問題があり後任者が決まり次第、更迭する予定なんです。」
「はい…………。」
〔18〕
合格ラッシュ到来か!!

まさに「捨てる神あれば、拾う神あり」です。
〔19〕
無給カウントダウンが始まった!

私は2009年3月31日をもって経理課長の職を辞し翌4月1日から無職の身となりました。
〔20〕
面接しながら応募を続ける

合格通知が来なくならないようする対策とは…
〔21〕
決戦前夜

甲社、乙社との決戦前…佳境に入った私の第4回目の転職活動…
〔22〕
とうとう来た合格ラッシュ!

自分のスキルの低さと転職活動の失敗に落ち込みながらも…「前に進むしかない!」と、来る決戦の日に向けて活動を続けていました。
〔23〕
さぁ、初めて立場が逆転した!

複数の企業からオファーが来た時の対処とは…
〔最終回〕
終わった…

健康診断書と小論文を持って臨んだ最終面接…即時に判明しました。

サラリーマン_握手
税理士試験突破を目指して日夜励んだ会計事務所職員での日々。しかし企業の経理職へ方向変換を余儀なくされ…。その転職活動とは?

Facebook転活アプリ


カテゴリ別記事一覧
〔転職成功方程式〕
◆ 転職活動に関して『ヒント』になるようなコラムを書いています。
私の4度の転職の経験がお役立て頂けたら嬉しいです。

転職成功方程式_はるのたわごと_カテゴリ別記事一覧_画像
画像をクリックすると関連カテゴリの記事一覧がご覧になれます


カテゴリ別記事一覧
〔私の転職活動〕
◆ 私の過去4回の転職活動について書いています。
転職活動の参考に、また読み物としてお楽しみ下さい。

私の転職活動_はるのたわごと_カテゴリ別記事一覧_画像
画像をクリックすると関連カテゴリの記事一覧がご覧になれます



スポンサーリンク

記事を最後までお読み下さり
ありがとうございました<(_ _)>

記事が良かったと思われた方は
ご協力のクリックをお願いします
 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
〔当ブログのご紹介〕
『はるのたわごと』ってこんなブログです

〔サイトマップ〕
『はるのたわごと』の歩き方

〔記事カテゴリ一覧〕
『はるのたわごと』の記事カテゴリをご紹介

⇒ 最新記事へ

スポンサーリンク

タグ:転職 経理
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職
壁紙_家族の絵001.jpg
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...