So-net無料ブログ作成

【リーマンショック下の決断 ~経理管理職の転職1~】 [私の転職活動]


〔01〕
リーマンショック下の決断

私の転職の覚悟を強く維持してくれたもの…それは小学生の息子の流した大粒の涙でした…


会計事務所から一般企業の経理マンへの転職を果たした私は…


高くはありませんが安定した収入が確保でき、自宅を購入することもでき、通勤時間は10倍くらいになってしまいましたが、自由になる時間も持つことができ、家族とも過ごす時間が増えて、満足していました。


しかしながら、4回目の転職を決意する日が来てしまいました。

以前にもお伝えしましたが、私は「転職活動」は大好きですが、「転職」そのものは好きではありません。

それまでその会社で積み上げたものはリセットされ、新しい会社ではまた「新参者」として積み上げていくことは、それなりにエネルギーを使います。


そんな私に転職を決意させたのは、リーマンショックに伴う会社の経営状況の悪化が大きな原因です。

従業員の半分近くをリストラするという決断のプロセスに少なからずかかわっていましたので当然会社に残留すべき立場であることも考えていましたし、そのように詰め寄られもしましたが、会社の運営に不満を持っていた私は反対を唱え退職を決意しました。

そこでの話はいろいろなことがあってのことで詳細をお伝えしたいところですが、今回は私の転職活動についてのお話なので別の機会にしたいと思います。


ひとたび社外への「ドア」を開ければ暴風雨が吹き荒れている雇用環境であることは承知していましたので、私にとっては覚悟のいる選択でしたが、

「人生の決断において譲れないことを曲げてまで判断すると、ろくな結果にならない」

というのが、それまでの経験で強く感じていましたので転職を選択することは覚悟は必要でしたが迷いはありませんでした。


家族には会社の状況を伝えた上でリスクを承知での転職に理解をしてもらえました。

専業主婦だった妻はすぐに就職先を見つけて働き始めてくれました。


子供たちを2人呼び、

「今回転職することが我が家にとって非常に大きな岐路である。」

「失敗した時のリスクがとても大きく、失敗が許されない状況にある。」

「そのためにお母さんは協力してくれており、今までと違う生活環境になった。」

「だから、子供たち2人もお母さんに協力して欲しい。」

「ただし、この状況を長く続けるつもりはない。そのために最大限の努力をして、すぐに元の生活に戻すことを約束する。」

ということを伝えました。


まだ小学校低学年の息子は状況を良く理解できたとは思えませんでしたが、いつもはおどけた調子の父親が見せたこともないような神妙な様子で話していることから、

「なんだか大変なことになった」

ということは感じ取ってくれたようです。

私の目をじっと見て、話をまじめに聞いてくれました。

最後に二人に、

「協力してくれるか?」

と話しかけると、子供たちは無言で頷いてくれました。

息子は、無言で頷きながら大粒の涙をポロポロこぼしながら、無言で頷いてくれました…

「二度と子供にこんな深刻な涙だけはこぼさせない」

私は強く心に刻み、外は暴風雨が吹きすさぶなか、

転職への「ドア」を開いたのです。


4回目の転職活動では沢山の案件と取り組みました。

管理の必要性からデータもかなりきちんと整理して保存しており、現在のパソコンにもデータを引き継いでおりますので具体的な内容もお伝えできると思います。

「中高年」 「経理マン」 「管理職」 「不況時」

といった転職のカテゴリーの一つの事例として、ご活用頂ける人がひとりでも多くいらっしゃいましたら幸いに思っております。

次回は、時系列での活動内容をお伝えしようかと思います。

次の記事はコチラ

〔02〕
嵐の中に飛び出した日

そして、ついに2008年の年末にリストラ案が採択され、現行の従業員の1/3以上を離職させるということになりました。

シリーズ
〔経理管理職の転職〕
サラリーマン_分かれ道
経理課長として勤務していた企業がリーマンショックの影響をもろに受け転職を余儀なくされ立ち向かった経理マンの転職の記録
〔01〕
リーマンショック下の決断

私の転職の覚悟を強く維持してくれたもの…それは小学生の息子の流した大粒の涙でした…
〔02〕
嵐の中に飛び出した日

そして、ついに2008年の年末にリストラ案が採択され、現行の従業員の1/3以上を離職させるということになりました。
〔03〕
メンターとの再会

メンターの高見さんは開口一番、「はるさん、とにかく会社へ退職の意思表示をしないこと、これを絶対守ってください」
〔04〕
人材紹介サイトに登録しまくった

業種は本当にバラバラですね。職種はすべて経理職です。
〔05〕
初オファーは上場企業から!

「結構やるじゃん。上場企業に入れるかもしれないぞ!」と一気に気分は盛り上がりました。
〔06〕
リラックスして臨んだ初面接の結果は?

張り切って臨んだNM社紹介の衛生用品販売会社NC社の面接…
〔07〕
傷心の暇もなく応募し続ける

我が家の経済を破たんに追い込まないためには、何としても早く転職先を見つけないと…
感傷に浸っている暇はありません。
〔08〕
希望退職を決意した時にメンターに刺された釘

「退職するのは、次の就職先が決まってから」と、釘を刺されていました。
〔09〕
ヘッドハンターと会ってみた 「ヘッドハンティングの実体験」

ヘッドハンティングというとちょっとドラマ風ですが、アプローチはほかの人材紹介会社と同様でした。
〔10〕
ヘッドハンティングでいきなり社長面接

ホテルのロビーでヘッドハンターと待ち合わせして簡単な打ち合わせをして、すぐに社長と待ち合わせのラウンジへ
〔11〕
ヘッドハンティング企業への訪問 そして決断

ヘッドハンティングを受けた企業へいよいよ訪問です。
〔12〕
書類選考 通過しない日々の過ごし方

2月14日から2月28日までに応募した書類選考の結果です。
16戦全敗です。
〔13〕
面接官は立ち向かうべき敵ではない

ここは前向きにメンターの言う、「とにかく『合格通知』をゲットすること!」の教えに従うことにしました。
〔14〕
一次面接突破!

めでたく3月27日に合格の連絡がきました!
〔15〕
人材紹介会社の担当者次第でうまくいかないこともある…

確かに買い手市場のこの時期、求職者に主導権がないので大抵のことは飲みますが、これから入る会社の給料を「セリにかけられるような真似」をされて「はいそうですか」とホイホイ応えられません。
〔16〕
3件目の書類選考が通った!

「悩むのは、『合格通知』を手にしてから…」を自分に言い聞かせて応募したのですが、見事書類選考通過です。
〔17〕
「面接にはこっそり来てね。」 それって…

「実は今回の案件は現職の経理の管理職の方に問題があり後任者が決まり次第、更迭する予定なんです。」
「はい…………。」
〔18〕
合格ラッシュ到来か!!

まさに「捨てる神あれば、拾う神あり」です。
〔19〕
無給カウントダウンが始まった!

私は2009年3月31日をもって経理課長の職を辞し翌4月1日から無職の身となりました。
〔20〕
面接しながら応募を続ける

合格通知が来なくならないようする対策とは…
〔21〕
決戦前夜

甲社、乙社との決戦前…佳境に入った私の第4回目の転職活動…
〔22〕
とうとう来た合格ラッシュ!

自分のスキルの低さと転職活動の失敗に落ち込みながらも…「前に進むしかない!」と、来る決戦の日に向けて活動を続けていました。
〔23〕
さぁ、初めて立場が逆転した!

複数の企業からオファーが来た時の対処とは…
〔最終回〕
終わった…

健康診断書と小論文を持って臨んだ最終面接…即時に判明しました。

サラリーマン_握手
税理士試験突破を目指して日夜励んだ会計事務所職員での日々。しかし企業の経理職へ方向変換を余儀なくされ…。その転職活動とは?

Facebook転活アプリ


カテゴリ別記事一覧
〔転職成功方程式〕
◆ 転職活動に関して『ヒント』になるようなコラムを書いています。
私の4度の転職の経験がお役立て頂けたら嬉しいです。

転職成功方程式_はるのたわごと_カテゴリ別記事一覧_画像
画像をクリックすると関連カテゴリの記事一覧がご覧になれます


カテゴリ別記事一覧
〔私の転職活動〕
◆ 私の過去4回の転職活動について書いています。
転職活動の参考に、また読み物としてお楽しみ下さい。

私の転職活動_はるのたわごと_カテゴリ別記事一覧_画像
画像をクリックすると関連カテゴリの記事一覧がご覧になれます



スポンサーリンク

記事を最後までお読み下さり
ありがとうございました<(_ _)>

記事が良かったと思われた方は
ご協力のクリックをお願いします
 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
〔当ブログのご紹介〕
『はるのたわごと』ってこんなブログです

〔サイトマップ〕
『はるのたわごと』の歩き方

〔記事カテゴリ一覧〕
『はるのたわごと』の記事カテゴリをご紹介

⇒ 最新記事へ

スポンサーリンク

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職
壁紙_家族の絵001.jpg
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。