So-net無料ブログ作成
検索選択

【中国の水の宝石「九寨溝(きゅうさいこう)」視察】 [添乗員こぼれ話]

【中国の水の宝石「九寨溝(きゅうさいこう)」視察】
ブログ記事トップ画像_中国九寨溝
旅行会社勤務時代には、新しい観光スポットを開拓するためシーズンオフに現地視察をすることがありました。
私のいた会社は中国をメインにしていまして冬場がシーズンオフです。
現在は、世界遺産にも登録されてメジャーになった九寨溝
とっても水のきれいなところです。

この記事の目次


九寨溝は中国四川省にある「世界遺産」

九寨溝は四川省の高地にある水の綺麗な景勝地です。

青く澄んだ湖沼が点在する中国でも有数の観光地です。

1992年には世界遺産にも登録された人気の観光スポットです。

更に1998年には「四川九寨黄龍空港」が開港されて四川省の奥地に位置するにもかかわらずとてもアクセスの良い観光地になっています。










私の視察は空港も無い時代、悪路をジープで

現在は空港があるメジャーな観光地ですが、私が視察に行った頃の九寨溝はまだ日本人には馴染みの薄い観光地で夏のシーズン中にヨーロッパの旅慣れた人たちがゆっくりと自然を満喫しにくるような場所でした。

私は四川省の有名な「成都」という都市を起点にガイドさんに同行してもらい、専属の運転手さんの運転するジープで行くことになりました。

陸路で片道2日を掛けて走ったと記憶しています。

今では空港もでき便利ですが20年前は成都から陸路で行くしかなかったんですね。

成都に着いてから周辺の一般的な観光をした後、いよいよジープで九寨溝へ出発です。

ブログ記事トップ画像_クルーズ船
今回は20代の頃、人生を捧げた旅行会社でのお話を…
それは私が旅行会社でようやく地に足がついて来た頃の添乗でのことです。
私が企画から手配、企画まで携わった中国「三峡クルーズの旅」は大成功のうちに終わりました。
でも実は帰国後の添乗員の私を憂鬱な気分にさせた旅行中の出来事があったのです。

で登場するガイドさんは、この時に私を案内してくれたガイドさんです。

この視察ツアーが縁で彼と仲良しになったのです。

私とガイドさんとドライバーの3人。がっしりとした体格の頼れるドライバーさんです。

ドライバーさんは日本語はしゃべれず、私も中国語は片言なので、とりあえず「ニイハオ」と挨拶を交わしました。

ジープでのドライブも最初は快適でしたが、途中から山道に入りガードレールもない断崖絶壁の道は対向車があるとギリギリです。

正直なところ、身の危険を感じました。

ガイドさんは慣れており、火をつけたたばこをドライバーさんにくわえさせ「ドライバーも緊張するからいつもこうするんです」なんて言ってます。

(こ、怖い…)


過酷なのは悪路だけではない…真冬の高地は酷寒の地

途中から雪が降ってきて、段々と路面も雪道に変わります。

途中、とうとう雪に足元を取られてスリップして前にも後ろにも進めない状態になってしまいました。

人っ子ひとりいません、対向車なんて来ない山道です。

ガイドさんは必死にタイヤの下の雪をかいており、私も必死に手伝いました。

何とか二人で車を押して、スリップから脱出できたときは、みんな声を張り上げて喜び合いました。

何とか、崖から転落もせず宿泊所についたときには本当にホッとしました。

ちなみにこの辺は外国人観光客も来ない、普通の田舎町ですので、現地の人が泊まる質素な旅館です。

もちろん、こんな真冬に現地の人たちだって旅行になんて来ていませんので旅館は貸切です。

暖房設備は電気毛布のみです。

正直寒いです。

お風呂もシャワーも残念ながらありません。

それでも、しばし休息できる安心感で、町の食堂で食事をして、お酒を飲んでぐっすりと寝ました。

でもスキーウエアを着たままで、靴下も2枚重ねです。

なんせ吐く息は部屋の中でも真っ白ですから…


車も凍る!朝から寒さの洗礼

翌日は、痛いぐらいにキンキンした外気で一気に眠気が吹き飛びます。

出発進行!って感じで、ドライバーさんがエンジンをかけるとどうもエンジンが寒さでやられてしまったようで動きません。

ボンネットを開けて旅館でもらったお湯をかけて何とか始動できることができました。

その後も非常に険しい山道でしたが何とか目的地九寨溝に到着することができました


写真以上の風景が広がる

そこで見たのは、写真にあるようなとても素晴らしい眺めでした。

いやそれ以上です。

良くあまりにも綺麗な写真で現地でがっかりするという観光地もあるかもしれませんが、ここの景色は写真では伝えきれない美しさかもしれません。

寒さも疲れも吹き飛びました。

宿泊所もグレードがよくホテルで温かいスープなどをごちそうになり素敵な夜でした


崖に「発破」を初めて目の当たりにした

帰りもまた険しい山道をひた走りましたが、なんと崖っぷちの道の前方で大きな爆発音です。

ガイドさんは驚く風もなく、「崖崩れですね」と言うではありませんか。

(え?もしかして帰れません?というより、崩れてきたら断崖にまっさかさまですよね?)

ちょうどカーブのところで崖崩れで道をふさいでいた大きな石をどけるため、ダイナマイトで破壊し終わったところです。

そんな道の端っこを通りながら何とか成都を目指してひた走りました


「床屋に行こう!」旅の疲れを癒すのに結構いいスポット

帰途で宿泊した町で、ガイドさんが「床屋へ行こう」と言い出しました。

もう何日もお風呂に入れず髪の毛がバリバリだったので洗髪をしてもらいに行きました。

私もお願いしました。

ちゃんとお湯で流してもらえて本当に気持ちよかったです。

また成都前夜の宿では少しランクが上がってシャワーがありました。

「今夜はやっと体も洗える!」と喜び勇んで体の汚れを落としましたが、お湯が出たのは最初の1分だけで途中から冷水が出て背筋が伸びました


お土産は街で買った皮のブーツと…

そんなこんなで成都の街に戻った時にはなんだか故郷に来たような気持になりました。

途中の町で買った皮のブーツと新しい友情と新規観光スポットの情報をお土産に上海経由で帰国しました。

私の旅行会社での辛くも楽しかった懐かしい思い出です。


四川省は、パンダの故郷です。そこでパンダと出会った話もまた次の機会にお伝えしたいと思います。




カテゴリ別記事一覧
〔添乗員こぼれ話〕
◆ 20代のほぼすべてを捧げた旅行会社での仕事。大好きな仕事でしたが数多くの失敗やトラブルにも見舞われました。そんなトラブルや失敗にまつわる添乗員の裏話をお伝え致します。
添乗員こぼれ話_はるのたわごと_カテゴリ別記事一覧_画像
画像をクリックすると関連カテゴリの記事一覧がご覧になれます



スポンサーリンク

記事を最後までお読み下さり
ありがとうございました<(_ _)>

記事が良かったと思われた方は
ご協力のクリックをお願いします
 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
〔当ブログのご紹介〕
『はるのたわごと』ってこんなブログです

〔サイトマップ〕
『はるのたわごと』の歩き方

〔記事カテゴリ一覧〕
『はるのたわごと』の記事カテゴリをご紹介

⇒ 最新記事へ

スポンサーリンク

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

【会計事務所から経理職への転職 ~2~】 [私の転職活動]

実際に転職活動するにあたって私はどうしたのか…

転職を決意した理由が、税理士試験で疲弊してしまった状況を改善することにありました。

社会人になってから、休みなく働き続けました。

その間に転職、結婚、出産を経験し、転居も3回して、旅行会社では肉体の限界に近いほど働き、会計事務所では毎日分刻みのスケジュールと試験勉強、そして家族との険悪な仲…

私はとても疲れ切っていました。

今回の転職では、じっくり研究してしっかりと働ける環境を手にしたい…

今までのように仕事の合間に転職活動をするのではなく、転職活動に専念したいと思いました。

そして何より休息が必要だと思い、退職して1か月は十分な休息を取って、それから再起をはかることにしました。

これには妻も同意してくれました。

会計事務所には確か5月か6月頃には退職の意思を伝え、十分な引き継ぎ期間を考えて、最終的には12月末での退職。

私は、次の仕事のことも、税理士試験のことも考えず、1か月は休養に専念しようと考えていました。

でも根が貧乏性というか、のんびりすることが性に合っておらず、半月ぐらいでのんびり生活に飽きてきて、少しずつ次の転職の情報を集め始めていました。

転職に関するハウツー本を買ってきたり、ネットで調べたり…

そして、職務経歴書を添付したりするのが当たり前だということも知りました。

また就職情報雑誌、ハローワーク、新聞の折り込み広告ぐらいしか、求人媒体を活用していなかった私にはもっと違うアプローチがいろいろあることを知りました。

東京しごとセンターという機関をネットで知り、まずは訪ねてみることにしました。

するとそこでは民間の転職サポート会社の個別コンサルタントを無料で受けられるサービスがあり、早速登録しました。

そこでコンサルタントの高見さん(仮名)と出会いました。

その後の私の転職活動に大きな影響を与えた私のメンターです。

東京しごとセンターでは、模擬面接などもしてくれていたので、申込もして帰りました。

また独立行政法人・求職者雇用支援機構というところでは、やはり面談形式で転職の進め方を教えてもらいました。

アンケート形式の自己診断をしてもらったり、「仕事の棚卸し」の方法も教えてもらいました。

これらの機関ではそれぞれ宿題が出ました。

東京しごとセンターの高見さんからはフロッピーディスクに落としてもらった履歴書と職務経歴書のフォーマットに実際に自分の書類を作成してくること。

自分で調べて人材紹介会社に登録すること。

求職者雇用支援機構からは、仕事の棚卸を含めた、指定記入用紙を完成すること。

仕事センターの帰り道に早速人材紹介会社へ面談登録を済ませました。

頂いた資料や本を読んだりして参考にしながら、2つの宿題の書類を完成させました。

最初の1週間はこんな感じで始まった私の3回目の転職活動。

言ってみれば転職の職業訓練です。

それまでの自己流の転職活動ではなく訓練を受けての転職活動の始まりです。

ハローワークでの面談しか知らなかった私にはカルチャーショックでした。

こんなに沢山のノウハウや提供されるサービスがあり、しかも全部無料で受けられるとは…

人材紹介会社に訪問するときはちょっとドキドキしました。

軽くあしらわれるような気がしていたのに、とても丁寧な対応で…。

私はとにかく行動を起こすとフットワークは軽いほうだと思います。

また、書類の作成なんかも言われた通りに素直に作成しました。

初心者はまずは指示された通りにやってみること、大事だと思ってます。

何もかもおんぶにだっこで他人に依存するのは考え物ですが、よくわからないときは、

よく知っている人に教えを乞い、素直に従ってみることが大事だと考えています。

次回はメンターやアドバイザーとどんな転職を展開していくか、検討したことをお伝えできればと思います。

東京しごとセンター
http://www.tokyoshigoto.jp/

独立行政法人 求職者雇用支援機構
http://www.jeed.or.jp/js/

次の記事はコチラ

【会計事務所から経理職への転職 ~3~】
だんだんと応募対象が具体的になってきます。




サラリーマン_握手
税理士試験突破を目指して日夜励んだ会計事務所職員での日々。しかし企業の経理職へ方向変換を余儀なくされ…。その転職活動とは?

シリーズ
〔経理管理職の転職〕
サラリーマン_分かれ道
経理課長として勤務していた企業がリーマンショックの影響をもろに受け転職を余儀なくされ立ち向かった経理マンの転職の記録
〔01〕
リーマンショック下の決断

私の転職の覚悟を強く維持してくれたもの…それは小学生の息子の流した大粒の涙でした…

Facebook転活アプリ


カテゴリ別記事一覧
〔転職成功方程式〕
◆ 転職活動に関して『ヒント』になるようなコラムを書いています。
私の4度の転職の経験がお役立て頂けたら嬉しいです。

転職成功方程式_はるのたわごと_カテゴリ別記事一覧_画像
画像をクリックすると関連カテゴリの記事一覧がご覧になれます


カテゴリ別記事一覧
〔私の転職活動〕
◆ 私の過去4回の転職活動について書いています。
転職活動の参考に、また読み物としてお楽しみ下さい。

私の転職活動_はるのたわごと_カテゴリ別記事一覧_画像
画像をクリックすると関連カテゴリの記事一覧がご覧になれます



スポンサーリンク

記事を最後までお読み下さり
ありがとうございました<(_ _)>

記事が良かったと思われた方は
ご協力のクリックをお願いします
 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
〔当ブログのご紹介〕
『はるのたわごと』ってこんなブログです

〔サイトマップ〕
『はるのたわごと』の歩き方

〔記事カテゴリ一覧〕
『はるのたわごと』の記事カテゴリをご紹介

⇒ 最新記事へ

スポンサーリンク

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

【職を失う代償】 [転職成功方程式]

転職活動をしている方は、そのきっかけが思いもよらないことであったり、自分のライフプランの一通過点であったり、と様々だと思います。

ただ、どんなきっかけであったとしても、もし退職が先であったり、次の就職先が決まらない中で退職だけが決まっている場合は、「職を失う」代償はとても大きいことだと思います。

毎月、毎年、定期的にまとまった収入があることは、無くなってみたら考えていた以上に大きかったということもあると思います。


最近、身近でその厳しさに直面している方のお話を聞く機会がありました。

経済的な理由で家族が離散の危機になるようなことを聞くと心が痛みます。

特に、子供たちが誰にも言えない悩みを抱え苦しんでいたりすることを考えると、なおさらです。


私は、「転職活動が好き」と言っておりますが、決して転職が好きなわけではありません。

いつも転職をしなければならないときは厳しい局面でした。

「お金があればきっとこんな風になっていないだろうな」って思った、家族の危機も何回か経験しています。

職を失う代償は、本当に大きいです。

私のブログが厳しい状況から脱出する何かのヒントになればと思って、今後も記事を更新していきたいと思います。


残念ながら、私がしていることは、結局のところ、競争を勝ち抜くためのお手伝いまでです。

ですから、競争に勝つ人がいれば、敗れていく人もいるわけで、社会全体として根本的にこのような状況を改善することには役立っているとは言えません。

それでも、転職について研究されている方々のお力になれるなら、自分のできる範囲でやってみようと思います。


社会全体についてのことについては、これからは、何か自分でもできることはないかと模索してみようかと考えています。

こんなことを今まで考えたことはありませんでしたが、今の気持ちも大事にしてみようと思います。

今日、FMラジオで、最近、就職難を苦に自殺する若者が増加している話題が取り上げられていました。

パーソナリティの方は、「就職がうまくいかないことぐらいで自殺することなんかない」という発信をずっとしていきたいと言っていました。

私自身、本当に人生で最悪な日々を過ごし、将来に絶望していた時期もありましたが、今はそんな時期を脱することができました。 決して「最悪」がずっと続くとは限りません。

私も何かここで発信できるように、「職を得ること、失うこと」について、勉強していきたいと思います。

Facebook転活アプリ


カテゴリ別記事一覧
〔転職成功方程式〕
◆ 転職活動に関して『ヒント』になるようなコラムを書いています。
私の4度の転職の経験がお役立て頂けたら嬉しいです。

転職成功方程式_はるのたわごと_カテゴリ別記事一覧_画像
画像をクリックすると関連カテゴリの記事一覧がご覧になれます


カテゴリ別記事一覧
〔私の転職活動〕
◆ 私の過去4回の転職活動について書いています。
転職活動の参考に、また読み物としてお楽しみ下さい。

私の転職活動_はるのたわごと_カテゴリ別記事一覧_画像
画像をクリックすると関連カテゴリの記事一覧がご覧になれます



スポンサーリンク

記事を最後までお読み下さり
ありがとうございました<(_ _)>

記事が良かったと思われた方は
ご協力のクリックをお願いします
 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
〔当ブログのご紹介〕
『はるのたわごと』ってこんなブログです

〔サイトマップ〕
『はるのたわごと』の歩き方

〔記事カテゴリ一覧〕
『はるのたわごと』の記事カテゴリをご紹介

⇒ 最新記事へ

スポンサーリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職
壁紙_家族の絵001.jpg
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...