So-net無料ブログ作成
検索選択

【CTEPH(慢性血栓塞栓性肺高血圧症)を題材にしたドラマ「ドクターX 外科医・大門未知子」】 [健康・病気]

CTEPH(慢性血栓塞栓性肺高血圧症)を題材にしたドラマ
「ドクターX 外科医・大門未知子」
Doctor-X外科医・大門未知子
私の妻が闘病している難病・CTEPH(慢性血栓塞栓性肺高血圧症)がドラマの題材になったということです。
この病気は一旦罹患すると大変進行が速い病気です。病気に対して偏見や誤解を生まない描き方、取り上げ方に配慮は必要ですが、世に広くこの病気の存在が知られることは病気を知った私たちの願いでもあります。

この記事の目次


過去のCTEPH関連記事一覧へ

ドラマの題材となったCTEPH

テレビ朝日系列の人気ドラマのスペシャル版が放映されます。

ドクターX ス~ 外科医・大門未知子 ~ ペシャル
7月3日(日) よる9時テレビ朝日系列にて放送
主演:米倉涼子 共演:伊野尾慧(Hey!Say!JUMP)/ビートたけし


このドラマの中でCTEPH(慢性血栓塞栓性肺高血圧症)の患者さんが登場します。

ストーリー

主人公の外科医・未知子に依頼されたオペは「国立高度医療センター金沢分院」から極秘転院してきた国民的フィギュアスケート選手。

CTEPH(慢性血栓塞栓性肺高血圧症)を患い、手術は不可能とされている。

しかし未知子は「100%完ぺきな手術をする」と断言し、きたる手術に向けて英気を養う。

そんな未知子に突きつけられる”とんどもない条件”とは…

少しでも難病のことが世に知られることになれば…

妻がこの病気かもしれないと言われたときの衝撃は今も忘れません。

【妻が「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」という難病かもしれない】

にゅういんのうた2 ~私の妻の場合~ フルコーラスVer.

※そんなに重いデータではないので、できれば『歯車マーク』をクリックして最高の画質でご覧になって頂けると嬉しいです


このドラマの中でCTEPHどの様な描かれ方をされるのかはわかりませんが、少しでも難病のことが世に知られることになればいいなと思っています


実際に妻が受けた手術『バルーンカテーテル手術』

妻はこの病気に対して4度の手術を受けています。

劇的な快復が望める外科手術(つまり胸を開く手術)ですが、患者への肉体的・体力的・精神的負担が大きく短期間に何度も繰り返し行えるような手術ではありません。

妻の様に血栓で詰まった血管が肺の至る所にある場合には、1度の手術では全ての血栓を取り除くのが難しいため、患者への負担が少なく短期間に複数回の実施が可能な『バルーンカテーテル手術』が有効だと言われています。

『バルーンカテーテル手術』は首筋や太ももの付け根から血管内にカテーテルを通して肺に到達したらバルーンを膨らませて血管を広げたり血栓を押しつぶします。

ですから外科手術に対して内科的手術と言われます。

外科手術ほど派手さはありませんが、この病気にバルーンカテーテル手術を取り入れたことは画期的で私の妻を始め、この手術により命ばかりか、普通に生活を送ることさえプレゼントしてくれました。

私の妻が手術を受けたのは日本でも有数のCTEPHのバルーンカテーテル手術の手術例を持つ病院でした。

日本中から手術をしてもらうためにこの病院に転院してきます。

そんな病院で症状が悪化した直後に手術を受けられたことは大変幸運と言えます


妻のCTEPH闘病の今

【『難病の希望』になってくれたら… 妻が在宅酸素療法を終えるまでと家族の想い】にてお伝えしました通り、妻の4回の手術の経過は良好で24時間装着していた在宅酸素は外すことができ劇的に快復しました。

飲み薬の種類も減り、術後の回復から更に少しずつ良くなっています。

先日は年に1回の入院を伴う定期精密検診を受け、特に問題もなく若干の数値の向上とともに終えることができました。

残念ながら定期的な検査と投薬治療はまだまだ続きますが、手術を受けたことで「以前の普通の暮らし」を手に入れることができました。

どうかこの病気で苦しんでいる患者さんがいらっしゃいましたら希望をもち、病気と向き合ってお過ごし頂けたらと思います。

医療関係者の方への応援メッセージを募集しています!

感謝の気持ちを伝えるサイト、ThanksDR(サンクスドクター)

 



妻の病状についての記事一覧
妻が発病してからの経過をご紹介しています

【妻が「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」という難病かもしれない】
【「息切れ」にしばらくワーファリンで様子見】
【「息切れ」がサインである病気 肺高血圧症】
【第1回目の手術が終わって思う事 ~慢性血栓塞栓性肺高血圧症CTEPHの闘病~】
【第2回目の手術 そして退院へ ~慢性血栓塞栓性肺高血圧症CTEPHの闘病~】
【難病の手術に向かう妻に宛てたビデオレター】
【4回目のバルーンカテーテル手術を終えて 『肺高血圧症』治療の希望】
【『難病の希望』になってくれたら… 妻が在宅酸素療法を終えるまでと家族の想い】




難病医療費補助金に関する記事一覧
難病の医療費の補助金に関する情報をご紹介しています。

難病患者の自己負担額上限金額変化001.jpg

【難病指定の補助金 法制化でどう変わる? そして「我が家の場合」】


『ふわふわ生きる』記事一覧
妻がブログを書いています。
私とは違った視点で病気のことが書かれています。

ふわふわ生きるバナー.jpg

【私が難病『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』と診断された時のお話】
【私が難病と診断されてから検査入院するまでの経過】
【進行していた肺高血圧症 心不全で死ぬかと思った】
【『疑い』が『確定』に変わった 私の闘病の相手『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』】
【入院して一番『痛かった』こと】
【私の相棒、『携帯用酸素ボンベ』】
【バルーンカテーテル手術を控えての一時退院 心不全は少し回復】
【入院、いざ!バルーンカテーテル手術!】
【初めての「バルーンカテーテル手術」はこんな感じで行われました】
【2回の手術で平均肺動脈圧はこれだけ下がりました ~肺高血圧症の手術の効果】
【『心不全の数値(BNP)』と『退院』】
【術後の定期検診と在宅酸素療法の自己負担額】
【肺高血圧症患者の『酸素』との暮らし ~ 私はこんな感じです ~】
【今日は『在宅酸素供給器』の点検日でした】
【『バルーンカテーテル手術の1ヶ月後』 ~心不全値が更に改善】
【『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』になってからの夏の思い出】
【『バルーンカテーテル手術の2ヶ月後』 ~心不全値、記録更新!】
【病気に関する啓発活動の大切さに気付いた私の思い】
【血液サラサラ!『ワーファリン』 でも実は注意が必要な薬でもある】
【『肺血流シンチ検査』を受けて来た!!】
【闘病する親子に笑顔が届くといいな… 『肺高血圧症』の少女が24時間テレビに】
【『肺高血圧症』な私の最近の病状】
【『入院の準備万端の私にかかってきた1本の電話』 いよいよ3・4回目の手術!?】
【B先生、ありがとうございました!!】
【アギーレJAPAN始動! 私のサポーター宣言! 『難病サポーター細貝選手』】
【入院とサプライズ ~3回目のバルーンカテーテル手術】
【Oh my God!】
【『3回目のバルーンカテーテル手術』その結果】
【『4回目のバルーンカテーテル手術』 その結果】
【バルーンカテーテル手術からの卒業と退院】
【難病の私を支えてくれる応援団・・・主人の場合】
【難病の私を支えてくれる応援団・・・子供たちの場合】
【難病の私を支えてくれた皆様へ】
【病院嫌いな私の月1回の定期健診】
【慢性血栓塞栓性肺高血圧症~2泊3日の検査入院】
【2015年、難病の法律が変わった!!~私の場合】
【今月も定期健診に行ってきた~パルスオキシメーター】
【帰ってきたB先生~嬉しい定期検診】
【えっ?本当に? 酸素量が減らせるかも~慢性血栓塞栓性肺高血圧症】
【やったー!! 酸素が外せる~慢性血栓塞栓性肺高血圧症】







カテゴリ別記事一覧
〔健康・病気〕
◆ 妻の病気、入院のこと。
その他、病気や健康にまつわるお話を綴っていきます。

健康・病気_はるのたわごと_カテゴリ別記事一覧_画像
画像をクリックすると関連カテゴリの記事一覧がご覧になれます



スポンサーリンク

記事を最後までお読み下さり
ありがとうございました<(_ _)>

記事が良かったと思われた方は
ご協力のクリックをお願いします
 にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患)へ
〔当ブログのご紹介〕
『はるのたわごと』ってこんなブログです

〔サイトマップ〕
『はるのたわごと』の歩き方

〔記事カテゴリ一覧〕
『はるのたわごと』の記事カテゴリをご紹介

⇒ 最新記事へ

スポンサーリンク

nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 20

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

壁紙_家族の絵001.jpg
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...