So-net無料ブログ作成
検索選択

【youtubeで見かける『VEVO(ヴィーヴォ)』って何? 公式の音楽動画が配信がされてます】 [音楽]

youtubeで見かける『VEVO(ヴィーヴォ)』って何?
公式の音楽動画が配信がされてます
ブログ記事トップ画像_vevo
『VEVO(ヴィーヴォ)』ってご存知でしょうか?
あなたの好きな歌手の公式PVをyoutubeで観ることができます。ブログ運用などにとても有用なものなので詳しく知りたいと思ってネットで検索してみたのですが、あまり詳しい情報や周辺知識に関するコメントに行き当たりません。『みんなの百科事典』 ウィキペディア ですら心もとない記述です。
少ない情報ながら私が知ったVEVOについてお伝えします。

この記事の目次


VEVOという会社

VEVO(ヴィーヴォ)は会社名でもありブランド名であるわけですが、まずは会社としての成り立ちから。

設立は3つの会社の出資により行われたようです。

  1. 米/ソニー・ミュージックエンタテインメント社
  2. 米/ユニバーサルミュージック社
  3. UAE/アブダビ・メディア・カンパニー社

『音楽ビデオ専門の配信サイト運営会社』ってところでしょうか。

インターネット上で無料でミュージック・ビデオを視聴させてくれるサービスを提供している会社です。

もちろん視聴者へのボランティア活動をしている団体ではなくプロモーションと広告料収入を目的に運営されているわけです


配信される音楽は?

無料配信されるミュージック・ビデオは米 ソニー/ユニバーサル/EMI レーベルとのことです


プラットフォームとしての『youtube』

よく『プラットフォーム』という表現で説明されていますが、このVEVOが動画を配信する『器』として『 youtube 』を選んだということですね。

世界的にメジャーなグーグル傘下のyoutubeのインフラを利用するのが、広範・大量に配信するのに適していると判断したのでしょうね。

しかしながら実績を積んだVEVOは配信力がついてきたため、ドイツではプラットフォームとしてyoutubeを採用せず独自の配信網にのせているようです。

VEVOはyoutubeと広告料収入の配分で譲歩を迫っていたという時期もあったようですので、今後は必ずしもyoutubeとの提携サービスとは限らないかもしれませんね


サービス提供地域は?

次にサービス提供地域です。

2012年4月時点では以下の6ヶ国です。

  1. アメリカ
  2. カナダ
  3. イギリス
  4. アイルランド
  5. オーストラリア
  6. ニュージーランド

そして上述のように、2013年にはドイツでサービスを開始するという発表があったようですので、ドイツも加えられましたし、以下の国もタイミングは良くわかりませんが追加されているようです。

  • イタリア
  • スペイン
  • ブラジル

ということで現在は10ヶ国で視聴可能のようです。

そして…

そう、アジアにはサービスが提供されていないのです。

とあるサイトで世界の音楽市場規模について調べてみて、日本はアメリカに次いで2強となっているということを知りましたが、それにもかかわらずVEVOからは対象地域にはされていません。

まぁ、日本はアメリカやヨーロッパ諸国に比べCDの様な物販が多数派を占めていたという事情もあるかもしれません。

でもスマホの普及などで日本の事情も変わりつつあるようでしょうから、いずれ対象地域になることを期待しています。

ちなみにVEVOの公式サイトへアクセスしてもブロックされてしまいます。

私が使っているブラウザ・グーグルクロームの翻訳では、以下の様に表示されます。

『おっと!このページには、お住まいの地域で現在利用できません。』
vevo_アクセス画面001.jpg

このブロックを回避する方法を解説するサイトなどにも出会いましたが、あまりおススメできることではないのでご紹介はしません。

とにかく日本からは基本的にこのサイトにアクセスできないことが、VEVOについて情報があまり出回らない一番の理由の様な気がします


日本がサービス対象外でもツイッターから情報を得ることが出来る

そうは言ってももうちょっと知りたい方には…

VEVOにはツイッターの公式アカウントもあります。

アカウント名称は『@Vevo』

VEVO_twetter001.jpg
2015年4月25日現在のホーム画面は私の好きなケリー・クラークソンでした

こちらはブロックもされず普通に閲覧可能です。フォロワーは190万人を超えています。

最新の情報もこちらから取得は可能でしょう。

私もフォロワーになってみましたが、英語は得意でないので…(^_^;)

最新のツイートではこんな動画が紹介されています。

『Wasted (Behind The Scenes) - Tiësto ft. Matthew Koma %』

Tiësto(ティエスト)はオランダ出身のDJ・リミキサーで200年に初来日を果たしているようです。

Matthew Koma(マシュー・コーマ)は、男性ミュージシャン。

日本ではユニバーサル・ミュージック・ジャパンのそのCDなどが購入できるようですね。

この動画はブロックされてシェアできませんので、当ブログでご紹介はできませんでした。


 ヘッドフォン001.jpg


VEVOは公式だから「うしろめたさ」を感じることもない

まずは私のブログの記事で貼り付けている『VEVO(ヴィーヴォ)』の動画をご覧ください。




画面上に『VEVO』と入った動画が目印です。

一口で言ってしまえば『公式の動画』っていうことです。

日本で『公式の動画』と言えば、この動画が有名です。



投稿者は『AKB48』となっています。(1億回超えの再生回数はスゴいですね)

さて、VEVO(ヴィーヴォ)の動画は『VEVO』さんが自分の歌をアップロードしているわけではなく世界の歌手の歌をアップロードしています。もちろん著作権者の許可を得て。

ですから私の大好きなブルース・スプリングスティーンの動画の投稿者は、
『BruceSpringsteenVEVO』となっています。

違法なアップロードによるものではなく公式の動画ですから「こそこそ観たり」「後ろめたさを感じながら」といった必要もありません


VEVO動画の再生リストでアルバム完成!

例えば、レディ・ガガも沢山このVEVOに動画をアップしています。



投稿者は『LadyGagaVEVO』ってなっています。

人気の動画『Bad Romance』5億回再生超えです。スゴいです!

この投稿者『LadyGagaVEVO』のアカウントのページにジャンプすると人気の高い曲については『人気のアップロード』のコーナーもあります。

そこにある曲をyoutubeの自分のアカウントに登録すれば、そのままレディー・ガガ ベストアルバムになっちゃいます。


そう、もし好きなアーティストがこのVEVOに参加していれば公式のPVが観られるってことです。

日本にいる私たちにもyoutubeではVEVOの動画を観ることができます。

(一部の動画はそれもできないようですが…)

探すのは簡単。

youtubeのサイトに行き検索ボックスに『好きなアーティスト名+VEVO』と入力して検索するだけです。

スマホにyoutubeの無料アプリをダウンロードして再生リストに追加していけば自分好みのアルバムの完成です。

※音楽データそのものをダウンロードすること(視聴するだけではなく、ファイルを保存するダウンロード)は違法・合法意見の分かれるところのようですので慎重に検討した方が良いかもしれません。


 ヘッドフォン001.jpg


VEVO配信の動画あれこれ

では、どんなアーティストが参加しているんでしょうか?

私の大好きなこのアーティストも、

U2 - With Or Without You 投稿者:U2VEVO


The Police - Every Breath You Take 投稿者:ThePoliceVEVO


一世を風靡したこんなPVも…

Michael Jackson - Thriller 投稿者:michaeljacksonVEVO



日本人アーティストだってVEVOで配信してる!

VEVOのサービスは日本には提供されていませんが日本人アーティストの動画も観ることができます。



投稿者は『EleKashiVEVO

エレファントカシマシは、ユニバーサルミュージックのユニバーサルシグマというレーベルに所属しています。

では、他にユニバーサルミュージック所属のアーティストがいるのか調べてみました。

森山直太朗
NaotaroMoriyamaVEVO

徳永英明
HideakiTokunagaVEVO

矢井田瞳
HitomiYaidaVEVO

椎名林檎
SheenaRingoVEVO

東京事変
TokyoIncidentsVEVO

少女時代
GirlsGenerationVEVO

 


VEVOの動画がブロックされる場合とそうでない場合があるのは何故?

調べていて気付いたのですが、グーグルで『森山直太朗 vevo』と検索した結果をクリックするとブロックされてしまいます。

これに対して、youtubeの検索ボックスに『森山直太朗 vevo』と入力して検索した結果をクリックするとVEVOの動画に辿り着くことができます。

このことからyoutubeには一切ブロックがかかっていないことがわかります。

それぞれの検索結果のリンクアドレスを見るとわかりますが、グーグルのそれは、『www.vevo.com/~』となっているのに対して、youtubeのそれは、『www.youtube.com/~』となっています。

つまり、youtubeからの検索結果は直接動画にアクセスしているのに対して、グーグルのそれはVEVOの公式サイトを経由するため、VEVOのサイトブロックに引っかかってしまうことがわかります


ついでにこんなことも調べてみた

さて『少女時代』の動画には辿り着けたのに『KARA』の動画はyoutubeの検索にはひっかかりません。

考えられる理由は2つです。

1つ目はVEVOでは少女時代の動画をyoutube以外のプラットフォームにのせて配信していること、

2つ目は私が検索でyoutubeの動画のリンクアドレスを見つけられないこと、

です。

ただ、2ヶ月くらい前にもVEVOでは他の日本人アーティストの動画をyoutubeにアップしている実績があることを考えるとVEVOが少女時代の動画に対してだけyoutube以外を利用しているとは考えにくいです。

そうするともう一つの理由は検索にひっかからないためと考えらえれますが、それは何故か考えてみました。

私はKARAの所属事務所DSPメディア社のオフィシャル動画があるためではないかと考えています。



もし私が直接アクセスできるyoutubeの動画のアドレスさえわかればVEVOが配信する動画を視聴可能なのでしょうが他の動画の方がアクセスが高いために検索上位に来ない、そんなところではないかと…。


 ヘッドフォン001.jpg


ソニー所属のアーティストの実情

さて、ソニー・ミュージックエンターテイメント所属のアーティストはどうでしょうか?

調べてみましたが、ソニー傘下のレーベル所属のアーティストの作品はVEVOからは配信されていないようです。

その代わり、ソニー・ミュージックエンターテイメントではソニー・ミュージックのオフィシャルチャンネルとしてyoutube内にチャンネルを設けて更にアーティストごとにチャンネルが存在ます。

⇒ youtube内 Sony Music(Japan)のチャンネル

⇒ youtube内 平井 堅 YouTube Official Channel

⇒ youtube内 アンジェラ・アキ オフィシャルYouTube

⇒ 同チャンネル内 動画投稿ページ




オフィシャルな動画投稿を追え!

この様にVEVOからの配信以外にもオフィシャルサイトやyoutubeのオフィシャル投稿によって動画を配信している音楽ビデオは結構ありますよね。

例えば…

ヒッキーこと宇多田ヒカルの動画も結構配信されています。



投稿者はUtada Hikaru

Utada Hikaru Official You Tube Channel 動画リストページ


ただ、これらオフィシャルの動画もすべての曲を網羅して配信されているわけではありません。

私が好きな宇多田ヒカルの『Beautiful World』はアップされていません。

当然…ですが、音楽業界でもネットの無料配信の有効性については認識していても『コンテンツが売れる』ことが飯のタネであることには変わらないわけですからね。

まぁCD買うと付いてくる『券』欲しさに買ってくれるリスナーを獲得するという、真似できない商法もあるにはありますが…。

朗報!【2016年9月17日追記】
私の好きな宇多田ヒカルの『Beautiful World』の公式動画がアップされていました。 しかも映像も『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の本編から厳選された素敵なものになっています。




 ヘッドフォン001.jpg


オフィシャルの動画を賢く利用して充実の音楽ライフを…

とにかくファンとしてはVEVOもレーベルからのものもオフィシャルで提供されるミュージックビデオが充実するのは歓迎するところです。

VEVOのサイトもいつか日本でのサービス提供開始を期待したいと思います。



ブログ記事トップ画像_youtubeロゴ
私はYoutubeを積極的に活用にして変わったことがあります。それは『音楽を楽しむようになった』ということです。私の音楽ライフを目覚めさせてくれたyoutubeの活用法をご紹介致します。

ブログ記事トップ画像_ターンテーブル
今回はそんな私のお気に入りの作業用BGMをご紹介したいと思います。
作業がはかどるように軽快な音楽を中心にセレクトしているのですが、音楽のみならず映像も「お気に入り」で動画に見入ってしまい作業がはかどるどころか作業が一向に進まない、そんな音楽も映像もお気に入りの10選です。


カテゴリ別記事一覧
〔音楽〕
◆ お気に入りの音楽のご紹介と音楽鑑賞のヒントをお伝えします。
音楽_はるのたわごと_カテゴリ別記事一覧_画像
画像をクリックすると関連カテゴリの記事一覧がご覧になれます



スポンサーリンク

記事を最後までお読み下さり
ありがとうございました<(_ _)>

記事が良かったと思われた方は
ご協力のクリックをお願いします
 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
〔当ブログのご紹介〕
『はるのたわごと』ってこんなブログです

〔サイトマップ〕
『はるのたわごと』の歩き方

〔記事カテゴリ一覧〕
『はるのたわごと』の記事カテゴリをご紹介

⇒ 最新記事へ

スポンサーリンク

nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 9

コメント 4

ipanemaoyaji

なるほど!YouTubeはよく聞いていますが、たまに現れても気にしなかったのですが、納得しました。確かに音質はよいですネ

by ipanemaoyaji (2017-03-09 15:26) 

はる

ipanemaoyaji 様
コメントありがとうございます。<(_ _)>
現代のアーチストはネットで販売するのと同じ楽曲を高音質で無償提供してもそれに見合う見返りが期待できる大きな媒体であることを知っているのですね。
by はる (2017-03-10 00:57) 

つぶあんマーガリン

大変為になります。
成るほど、音楽大好きな割りには
まったく知りませんでした。
参考にやってみます。
Clean Banditやcoldplayの
影響が日本にもでてますね。
by つぶあんマーガリン (2017-03-10 18:04) 

はる

つぶあんマーガリン様
コメントありがとうございます。<(_ _)>
参考になって大変うれしいです!

Clean Banditの日本で撮影された動画は何だか見入っちゃいましたね。
ところで私、粒あんマーガリンのコッペパンが大好きです。

by はる (2017-03-10 22:16) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
壁紙_家族の絵001.jpg
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。