So-net無料ブログ作成

【入居促進マンションのディスプレイ POPの作り方 私の不動産投資】 [不動産投資]


〔06〕
入居促進マンションのディスプレイ POPの作り方 私の不動産投資

不動産投資ではどんなに割安の物件を手に入れたとしても入居者がいなければ定期的な収入を手に入れることができません。

お部屋が空いてしまったら1日も早く入居者に住んでもらうことを1番に考えなくてはなりません。

そこで大事になってくるのが入居促進策を積極的に講じていくこと。

不動産屋さんは心強い味方ですが大家にできることもあるはずです。

投資用マンション

【投資マンションで早期入居を促すディスプレイとは?】では私の不動産投資用マンションのディスプレイでどんな項目をPOPでアピールしているかをご紹介しました。

今回は私がどんなふうにPOPを作成しているかをご紹介します。

色鉛筆


字が下手なのでPCで作成

POPってビジネス文書とかではないので手作り感があった方が印象が良いのかもしれません。

できればPOP用のマジックなどで書きたいところですが私は字も綺麗ではありませんしイラストも描けません。

ですからもっぱらPCを使っています。

POP作成

こんな感じでエクセルに吹き出しなどの図形を挿入して、テキストを書き込みます。

字体をPOP調にすればそれらしくなるものです。


印刷はカラーのコピー用紙に

テキストを入力し終えたら印刷です。

印刷はカラーのコピー用紙にします。

文字をカラフルにしていますので読みにくくならないようにパステルカラーなど『薄め』の色調のものを何色か用意しました。


印刷したコピー用紙を厚紙に貼りつける

100円ショップで調達した色画用紙を台紙にします。

私はテープのりでぺこぺこしない程度に貼りつけてます。


台紙を切り抜く

コピー用紙を貼りつけた台紙ごと吹き出しなどの『枠線』に沿ってはさみで切り抜いていきます。

POP

ハイ、出来上がり!

とまぁ、こんな簡単なものです。

ただ、20枚以上作るのでそこそこ手間はかかるものです。


100円ショップの粘着ピン! POPはコレで貼る!

出来上がったPOPは100円ショップで調達したコレで貼ります。

粘着ピン
粘着ピン

粘着ピン

壁紙をメインに貼り付けますから壁紙を傷めずに剥がせる『そこそこ貼れる』粘着性であって欲しいわけです。

この粘着ピンはちょうど良い感じです。

しかも剥がして何度も使い回しできるのも便利です。

但しあまり強い粘着性がないのでPOPをあまり大きくすると重みで壁から剥がれて落ちてしまいます。

大きさはほどほどに…。

それが私のPOPの注意点です。



私の内見用の部屋のディスプレイはPOPだけではありません。

次回以降、他のディスプレイプランについてお伝えしたいと思います。

次の記事はコチラ

〔07〕
観たら住みたくなるディスプレイ 私の不動産投資

今回は私が実践しているその他のディスプレイ術をご紹介します。

ワンルームマンション
入居付け実況中継!

私の投資用の区分所有ワンルームマンションで『退去』が発生しました。
私なりに入居を促進するための戦略・アイデアを実践しています。
写真なども交えて退去連絡から入居までを時系列にご紹介します。
マンション図面と鉛筆

このたび管理している不動産屋さんから悲しいお知らせがきました。
不動産屋さん「あの私どもで管理させて頂いております『たわごとマンション703号室』なんですが…」
はる「はい…」
不動産屋さん「この度、解約のご連絡がありましたので、そのご報告です。」
はる「えぇ!」(゜o゜)
私がチャレンジしている大家業、もうすぐ「初めての更新」を迎えるところで、大家さんが最も聞きたくない言葉「退去」となってしまいました。まぁ、当然大家業をしていれば付き物なわけで嘆いていても仕方ありません。この『悲報』が入ってからそれなりに『行動』をとってきました。
今回の私の募集活動における不動産業者さんとのお付き合いの仕方について具体的にご紹介したいと思います。
私は普段の賃貸管理を手数料を支払って不動産業者にお願いしています。
いよいよマンションのエントランスで待ち合わせをして部屋に突入!です(笑) 結構ドキドキしました。不動産投資のハウツー本ではいろいろなことが書かれているので多少のことでは動じないように覚悟して恐る恐る開けてくれたドアから中を覗き込みました。 『あれ?』
思いの外、これまでのご入居者様には綺麗に使って頂けてリフォーム費用も予算を下回りそうなので、プチリノベを張り切ってやろう!
ということでリフォーム担当の方と打ち合わせです。あれこれ相談した結果、私が行ったプチリノベをご紹介したいと思います。
大家業とは入居者があって初めて家賃という収入が得られる商売です。退去があった時、1日も早く『次の入居者』が決まることが何より大切です。
『適切な条件設定/迅速な販促活動』
⇒『内見の増加』
『物件の良さのアピール』
⇒『内見物件の成約率の向上』
という図式があると思います。
今回は、私がどんなふうにPOPを作成しているかをご紹介します。POPってビジネス文書とかではないので手作り感があった方が印象が良いのかもしれません。できればPOP用のマジックなどで書きたいところですが、私は字も綺麗ではありませんし、イラストも描けません。ですからもっぱらPCを使っています。
今回は私が実践しているその他のディスプレイ術をご紹介します。間取図にコンセントや電話線のジャック、テレビアンテナコンセントなどの位置を記したものを用意しています。お一人様一枚づつお持ち頂けるように沢山印刷して置いておきます。
私の投資用物件のワンルームマンションの入居者の退去の連絡があったのが10月の半ば。「1ヶ月後には退去」ということが悲しくも決まりました。まずは募集を開始しなければなりません。





カテゴリ別記事一覧
〔不動産投資〕
◆ 首都圏に中古のワンルームマンションを購入して不動産投資の門を叩いた私。
やってみていろいろわかったことや活動の記録をお伝えします。

マンション_玄関
画像をクリックすると関連カテゴリの記事一覧がご覧になれます



スポンサーリンク

記事を最後までお読み下さり
ありがとうございました<(_ _)>

記事が良かったと思われた方は
ご協力のクリックをお願いします
 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
〔当ブログのご紹介〕
『はるのたわごと』ってこんなブログです

〔サイトマップ〕
『はるのたわごと』の歩き方

〔記事カテゴリ一覧〕
『はるのたわごと』の記事カテゴリをご紹介

⇒ 最新記事へ

スポンサーリンク

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

壁紙_家族の絵001.jpg
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...