So-net無料ブログ作成

【『悲報』 所有投資マンションで退室連絡が入った(汗)】 [不動産投資]


〔00〕
『悲報』 所有投資マンションで退室連絡が入った(汗)

当ブログで私の投資マンションの購入と運営についてお伝えしてきましたが、このたび管理している不動産屋さんから悲しいお知らせがきました。

投資用マンション

不動産管理担当002.jpg
「こちらは、はるさんの携帯で宜しかったでしょうか?」


はる009.jpg
 「はい、はるです」

不動産管理担当002.jpg
「あの私どもで管理させて頂いております
『たわごとマンション703号室』なんですが…」

はる008.jpg
 「はい…」

不動産管理担当002.jpg
「この度、解約のご連絡がありましたので、そのご報告です。」


はる002.jpg
 「えぇ!」

不動産管理担当002.jpg
「はい、11月〇日でご解約とのことです。
すぐに募集活動に入りたいと思います。」


はる003.jpg
 「え?はい…あの…、それで、か、解約の理由は何なんですか?」

不動産管理担当002.jpg
「あ、はい。転勤とのことです。」


はる010.jpg
 「あ、あ、そうですか…。」

不動産管理担当002.jpg
「当方で立会をさせて頂き、退室後はすぐにリフォームなどをして
1日も早く次のご入居者さんを探したいと思います。」


はる004.jpg
 「よ、よろしくお願いします。」


と、こんな電話のやりとりで11月の解約が確定しました。

おととしの12月からご入居頂き、9月の末に、「更新の意思確認の連絡」を発送したばかりです。

『更新』の連絡を心待ちにしていたのですが、期待に反して、この悲報です。(+_+)

しかも契約満了日よりも退去日が早まっています。(+_+)

まあ、大家業をやっていれば入居者の退室は避けて通れないことです。

条件面で交渉の余地があればいろいろと策は考えていましたが、転勤では仕方ありません。

ここは気を取り直して、1日でも『空き部屋』状態を短縮するために『できること』をするしかありません。

ということで、本ブログでも、退去から入居者付けまでを実況中継していきたいと思います。

題して…

『新米大家さんのワンルームマンション入居付け実況中継!』

そのまんまだ、何のひねりもない…。(^_^;)

この企画、超ロング企画になってしまったらどうしましょう…

マンション賃貸のピークは3月です。なんとしてもここをデッドラインとして、新規入居者を決めないと…

11月に退室されて実際にはそれからリフォームして新規のご入居者が決まったら契約してご入居ということになりますが、退室前にもやることはいろいろとあります。

動きがありましたら、不定期で記事をアップしていきたいと思いますので、お楽しみに!

次の記事はコチラ

〔01〕
サラリーマン大家の投資マンションが空室! 実録「客づけ」

もうすぐ「初めての更新」を迎えるところで、大家さんが最も聞きたくない言葉「退去」となってしまいました。

ワンルームマンション
入居付け実況中継!

私の投資用の区分所有ワンルームマンションで『退去』が発生しました。
私なりに入居を促進するための戦略・アイデアを実践しています。
写真なども交えて退去連絡から入居までを時系列にご紹介します。
マンション図面と鉛筆

このたび管理している不動産屋さんから悲しいお知らせがきました。
不動産屋さん「あの私どもで管理させて頂いております『たわごとマンション703号室』なんですが…」
はる「はい…」
不動産屋さん「この度、解約のご連絡がありましたので、そのご報告です。」
はる「えぇ!」(゜o゜)
私がチャレンジしている大家業、もうすぐ「初めての更新」を迎えるところで、大家さんが最も聞きたくない言葉「退去」となってしまいました。まぁ、当然大家業をしていれば付き物なわけで嘆いていても仕方ありません。この『悲報』が入ってからそれなりに『行動』をとってきました。
今回の私の募集活動における不動産業者さんとのお付き合いの仕方について具体的にご紹介したいと思います。
私は普段の賃貸管理を手数料を支払って不動産業者にお願いしています。
いよいよマンションのエントランスで待ち合わせをして部屋に突入!です(笑) 結構ドキドキしました。不動産投資のハウツー本ではいろいろなことが書かれているので多少のことでは動じないように覚悟して恐る恐る開けてくれたドアから中を覗き込みました。 『あれ?』
思いの外、これまでのご入居者様には綺麗に使って頂けてリフォーム費用も予算を下回りそうなので、プチリノベを張り切ってやろう!
ということでリフォーム担当の方と打ち合わせです。あれこれ相談した結果、私が行ったプチリノベをご紹介したいと思います。
大家業とは入居者があって初めて家賃という収入が得られる商売です。退去があった時、1日も早く『次の入居者』が決まることが何より大切です。
『適切な条件設定/迅速な販促活動』
⇒『内見の増加』
『物件の良さのアピール』
⇒『内見物件の成約率の向上』
という図式があると思います。
今回は、私がどんなふうにPOPを作成しているかをご紹介します。POPってビジネス文書とかではないので手作り感があった方が印象が良いのかもしれません。できればPOP用のマジックなどで書きたいところですが、私は字も綺麗ではありませんし、イラストも描けません。ですからもっぱらPCを使っています。
今回は私が実践しているその他のディスプレイ術をご紹介します。間取図にコンセントや電話線のジャック、テレビアンテナコンセントなどの位置を記したものを用意しています。お一人様一枚づつお持ち頂けるように沢山印刷して置いておきます。
私の投資用物件のワンルームマンションの入居者の退去の連絡があったのが10月の半ば。「1ヶ月後には退去」ということが悲しくも決まりました。まずは募集を開始しなければなりません。





カテゴリ別記事一覧
〔不動産投資〕
◆ 首都圏に中古のワンルームマンションを購入して不動産投資の門を叩いた私。
やってみていろいろわかったことや活動の記録をお伝えします。

マンション_玄関
画像をクリックすると関連カテゴリの記事一覧がご覧になれます



スポンサーリンク

記事を最後までお読み下さり
ありがとうございました<(_ _)>

記事が良かったと思われた方は
ご協力のクリックをお願いします
 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
〔当ブログのご紹介〕
『はるのたわごと』ってこんなブログです

〔サイトマップ〕
『はるのたわごと』の歩き方

〔記事カテゴリ一覧〕
『はるのたわごと』の記事カテゴリをご紹介

⇒ 最新記事へ

スポンサーリンク

nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 9

コメント 2

macinu

私は常に借りてですが大家様も色々大変なんですね~!!(^o^)v
by macinu (2013-10-13 18:48) 

はる

macinuさん、コメントありがとうございます(^o^)/
そうですねぇ、災害・事件・事故・滞納に続いて退去は大家業にとって怖いことです(+_+)
by はる (2013-10-14 00:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

壁紙_家族の絵001.jpg
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...