So-net無料ブログ作成
検索選択

【パルスオキシメーターとは? 小池メディカル社製「サーフィンPO」レビュー】 [健康・病気]

妻が手術後に退院して移行した『在宅酸素療法』

【酸素吸入の実態のご紹介 ~HOT 『在宅酸素療法』~】

前回紹介した『酸素供給装置』『酸素ボンベ』は酸素吸入のための機器ですが、もう一つ大事なアイテムがあります。 それが…、

『パルスオキシメーター』 です。


妻は、肺高血圧症で血液に肺から酸素を充分に取り込めなくなっています。

従って少しの運動で息切れがしたりして心臓に負担がかかります。

それを補うために酸素供給装置や酸素ボンベを使って酸素吸入をしているわけですが、血中への酸素供給状態をモニタリングするためパルスオキシメーターを使用するわけです。

妻は退院の時に病院でこれらの指導を受けました。


患者さんの状態にもよりますが、入院時の状況からは格段に良くなった妻は決して『常に安静』にしていなければならないほどではありません。

走ったり、長い間歩いたり、階段の昇り降りは良くありませんが、短時間なら普通に歩いたりするのは全く問題ありません。

術後の経過は良好ですので様子を見ながら少しづつ運動をすることも必要ということです。

心臓への負担がかからない程度に動くことはむしろ必要だということです。

そうしないと心臓が運動に対して耐性がなくなって、いざ運動をしようと思っても心臓が弱くなってしまうから、というのがその理由だそうです。

怪我をしたりして病院で寝たきりになると筋力が急激に衰えて歩くのが大変になった、なんて経験がある方もいらっしゃると思いますが、あれと基本的に同じだと思います。

ただ筋力の疲れ具合の自覚に比べると心臓の負担の度合いを感じるのは難しい面があります。

実際、息切れはしていなくても、実はそれは『心臓が頑張ってくれている』から、ということもあります。

妻は肺高血圧症になって心不全になりました。

詰まっている肺への血管(肺動脈)へ普段よりも強いポンプ力が必要なため心臓が過度に頑張り、その結果、肺へ血液を送り出す右心室が肥大します。

そのあおりを受けて左心側はつぶれたようになってしまっていたのです。

ですから血流がよくなったからといって右心室に負担をかけるような負担の大きな運動は禁物です。

そのため血液の状況をモニタリングしながら、『このぐらいの運動なら大丈夫かな?』って加減をしていくことも大事だということです。


病院からの指導ではパルスオキシメーターを必ず購入する必要はないと言われたみたいですが、やっぱり慎重に管理をした方が良いと思われましたので、購入することにしました。

妻は既に退院までの間にネットで調べていて候補の商品をピックアップしていたようです。

私は意外だったのですが、アマゾンでこういう商品を扱っているのですね。

購入したのはこの商品です。
パルスオキシメータ

小池メディカル社製 「サーフィンPO」という商品名です。

値段は14,700円(税込)

安くはないですが専門的な医療用品だと思っていたので、そんなに高くもないなぁという印象です。

電源は単4乾電池2本。ストラップがついているだけで外部電源はありません。

ディスプレイは反転して逆さで見ても横から見ても見易いように切り替え可能です。

指が外れていると8秒後に自動的に電源が切れるという『お利口さん』です。


使い方はいたって簡単です。

パルスオキシメータ

上の写真の様にクリップ状になっているので指を挟むだけ。

フロントパネルの右側にある電源スイッチを入れるだけです。

約7秒で計測結果がディスプレイにデジタルで表示されます。

測定できるのは、2つの数値です。

(1)動脈血酸素飽和度(SpO2) 単位は%

(2)脈波数(PR) 単位はbpm




ということで、ちょっとパルスオキシメーターについて調べてみました。

〔パルスオキシメーターのうんちく〕

◆パルスオキシメーター(pulse oximeter)◆
プローブを指先や耳などに付けて、脈拍数と動脈血酸素飽和度(SpO2)をモニターする医療機器。
動脈血の酸素飽和度を簡便に計測できるため、麻酔管理や手術中、ICUでの患者のモニタのために用いられるほか、在宅酸素療法の患者指導などにも用いられているということです。
体に針を刺したり切ったりすること無くSpO2の測定を行う事が可能で、これにより心肺機能が常時正常であるかを知る事ができるため、予備的な健康診断手法として利用する事も可能にしています。
我が家のものは単純にその場で測って数値を見るだけのものですが、モニター結果を内蔵メモリーに記録できるものもあるようです。

◆日本の発明!◆
日本は医療機器の先進国だということを聞いたことがありますが、このパルスオキシメーターも日本の発明品だそうです。
ミノルタカメラ(現コニカミノルタ)より、「オキシメーター」の特許出願がなされ、アメリカに持ち込み技術改良を経て、麻酔中のモニターとしてまずアメリカで1980年代に定着したようです。

ということで、コニカミノルタのホームページを覗いてみたら、とってもわかり易い解説がありました。

コニカミノルタホームページ 『パルスオキシメーター知恵袋』

私がこのページで詳しく解説する気も起きなくなるくらい、懇切丁寧な説明ぶりです。

しかも漫画で原理から歴史まで詳しくわかっちゃいます。

この中で気になったのが…、

『家庭用パルスオキシメーター?』というトピックです。

同社は『医科向け医療機器です、パルスオキシメーターは。』と説いています。

操作性は簡単便利で、家庭用として普及した電子血圧計と同様ですが、同社で警鐘を鳴らしているのが、その数値をどう見るか、判断するかは、

医療従事者の仕事だよ、ってことです。

確かにその通りですね。ですから、日常の目安にしますが、妻も最低月に1度は通院して、

主治医の先生と相談しながら、どの程度の運動をすべきか検討して治療を進めています。

そして詳しく知りたかったのが、『エスピーオーツー(SpO2)?』というトピックです。

とてもわかり易いので、コニカミノルタさんの知恵袋から引用させて頂きます。

◆エスピーオーツー(SpO2)とは?◆
パルスオキシメーターで計るのは「動脈血酸素飽和度(と脈拍数)」です。
動脈(心臓から全身に運ばれる血液)に含まれる酸素(O2)の飽和度(Saturation:サチュレーション)をパルスオキシメーター(pulse oximeter)を使って計っていますので、その測定値をSpO2(エスピーオーツー)と呼びます。
(採血などの方法によって動脈血の酸素飽和度を測定したものはSpO2と区別するためSaO2(エスエーオーツー)と呼びます。)
酸素の飽和度と言われても何のことかよく分からないかも知れません。血液中の酸素の大半(健康なら99%近く)は赤血球の中にあるヘモグロビンによって運ばれます。飽和とは最大限の状態を指しますので、酸素飽和度とはヘモグロビンが運べる最高の状況に対し、実際にどの程度まで酸素を運べているかを意味していることになります。
具体的には、血液中のヘモグロビンのうち、実際に酸素を運んでいるヘモグロビン(酸化ヘモグロビン:HbO2)の比率のことを酸素飽和度(SpO2)と言い、単位は%(パーセント)になります。

とてもわかり易く納得です。




次回は、酸素吸入ついての『我が家でのちょっとした工夫』などについてお伝えできればと思います。

【DIYで自作する! 在宅酸素療法HOTのチューブの取り回し】

医療関係者の方への応援メッセージを募集しています!

感謝の気持ちを伝えるサイト、ThanksDR(サンクスドクター)

 




妻の病状についての記事一覧
妻が発病してからの経過をご紹介しています

【妻が「慢性血栓塞栓性肺高血圧症」という難病かもしれない】
【「息切れ」にしばらくワーファリンで様子見】
【「息切れ」がサインである病気 肺高血圧症】
【第1回目の手術が終わって思う事 ~慢性血栓塞栓性肺高血圧症CTEPHの闘病~】
【第2回目の手術 そして退院へ ~慢性血栓塞栓性肺高血圧症CTEPHの闘病~】
【難病の手術に向かう妻に宛てたビデオレター】
【4回目のバルーンカテーテル手術を終えて 『肺高血圧症』治療の希望】
【『難病の希望』になってくれたら… 妻が在宅酸素療法を終えるまでと家族の想い】




難病医療費補助金に関する記事一覧
難病の医療費の補助金に関する情報をご紹介しています。

難病患者の自己負担額上限金額変化001.jpg

【難病指定の補助金 法制化でどう変わる? そして「我が家の場合」】


『ふわふわ生きる』記事一覧
妻がブログを書いています。
私とは違った視点で病気のことが書かれています。

ふわふわ生きるバナー.jpg

【私が難病『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』と診断された時のお話】
【私が難病と診断されてから検査入院するまでの経過】
【進行していた肺高血圧症 心不全で死ぬかと思った】
【『疑い』が『確定』に変わった 私の闘病の相手『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』】
【入院して一番『痛かった』こと】
【私の相棒、『携帯用酸素ボンベ』】
【バルーンカテーテル手術を控えての一時退院 心不全は少し回復】
【入院、いざ!バルーンカテーテル手術!】
【初めての「バルーンカテーテル手術」はこんな感じで行われました】
【2回の手術で平均肺動脈圧はこれだけ下がりました ~肺高血圧症の手術の効果】
【『心不全の数値(BNP)』と『退院』】
【術後の定期検診と在宅酸素療法の自己負担額】
【肺高血圧症患者の『酸素』との暮らし ~ 私はこんな感じです ~】
【今日は『在宅酸素供給器』の点検日でした】
【『バルーンカテーテル手術の1ヶ月後』 ~心不全値が更に改善】
【『慢性血栓塞栓性肺高血圧症』になってからの夏の思い出】
【『バルーンカテーテル手術の2ヶ月後』 ~心不全値、記録更新!】
【病気に関する啓発活動の大切さに気付いた私の思い】
【血液サラサラ!『ワーファリン』 でも実は注意が必要な薬でもある】
【『肺血流シンチ検査』を受けて来た!!】
【闘病する親子に笑顔が届くといいな… 『肺高血圧症』の少女が24時間テレビに】
【『肺高血圧症』な私の最近の病状】
【『入院の準備万端の私にかかってきた1本の電話』 いよいよ3・4回目の手術!?】
【B先生、ありがとうございました!!】
【アギーレJAPAN始動! 私のサポーター宣言! 『難病サポーター細貝選手』】
【入院とサプライズ ~3回目のバルーンカテーテル手術】
【Oh my God!】
【『3回目のバルーンカテーテル手術』その結果】
【『4回目のバルーンカテーテル手術』 その結果】
【バルーンカテーテル手術からの卒業と退院】
【難病の私を支えてくれる応援団・・・主人の場合】
【難病の私を支えてくれる応援団・・・子供たちの場合】
【難病の私を支えてくれた皆様へ】
【病院嫌いな私の月1回の定期健診】
【慢性血栓塞栓性肺高血圧症~2泊3日の検査入院】
【2015年、難病の法律が変わった!!~私の場合】
【今月も定期健診に行ってきた~パルスオキシメーター】
【帰ってきたB先生~嬉しい定期検診】
【えっ?本当に? 酸素量が減らせるかも~慢性血栓塞栓性肺高血圧症】
【やったー!! 酸素が外せる~慢性血栓塞栓性肺高血圧症】







カテゴリ別記事一覧
〔健康・病気〕
◆ 妻の病気、入院のこと。
その他、病気や健康にまつわるお話を綴っていきます。

健康・病気_はるのたわごと_カテゴリ別記事一覧_画像
画像をクリックすると関連カテゴリの記事一覧がご覧になれます



スポンサーリンク

記事を最後までお読み下さり
ありがとうございました<(_ _)>

記事が良かったと思われた方は
ご協力のクリックをお願いします
 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
〔当ブログのご紹介〕
『はるのたわごと』ってこんなブログです

〔サイトマップ〕
『はるのたわごと』の歩き方

〔記事カテゴリ一覧〕
『はるのたわごと』の記事カテゴリをご紹介

⇒ 最新記事へ

スポンサーリンク

nice!(13)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 13

コメント 6

macinu

バイタル一括測定装置なんですね~!!これは便利~!!奥様元気?(^o^)v
by macinu (2013-09-28 10:49) 

はる

macinuさん、コメントありがとうございます<(_ _)>
とっても便利です!妻はとても元気に過ごしています。外出も普通にできますし、良いです。また、病院食でカロリーを管理されていたので、とてもスリムになって惚れ直すほどです(#^.^#)
by はる (2013-09-29 02:47) 

saesae

以前コメントさせてもらいました、はるさんの奥様と同じ病気の夫を持つsaesaeです。夫が先週退院しました(^_^.)二回の治療を受け、45あった肺高血圧値も27まで下がりました。次回の治療は12月中の予定です。
 少し先行くはるさんのブログ、本当に参考にさせてもらっています。ありがとうございます。今回もパルスオキシメーターをどうするか?で奥さんと同じものをアマゾンで注文し、さっそく今使っています。
 酸素吸入の長い酸素チューブはうちの場合床をあっちこっち動いていてそのままですが…
 治療前あんなに苦しそうにしていた息切れの症状もなくなり、適切な治療を受けるとこうも違うものかと思います。はるさんの奥様もその後順調に回復されてるとのこと、何よりですね(^.^)
 治療後の新しい身体(笑)での生活に夫も今試行錯誤中です。今日はこれから家族で近所の公園に行き散歩でもしようかと話しています。そんな普通の生活に少しずつ戻れたことに健康のありがたさを実感しております。はるさんの奥様にもよろしくお伝えください。
by saesae (2013-10-06 10:44) 

はる

saesaeさん、こんにちは。
ご主人、良かったですね。(^o^)
肺動脈圧45から27って劇的に改善しているではないですか!
なんか、ちょっと動くだけで「ハァハァ」苦しそうになるのは周りで見ていても忍びないので、息切れが改善するのは本人はもとより家族もとっても嬉しいですよね。
パルスオキシメータ―、とっても便利グッズですね。
私も時々測っています。
本当に「公園に散歩」できる幸せって感じちゃいますよね?
是非、またいろいろと教えて下さい。
私としても患者の「家族」という目線の方との交流は貴重ですので…。
今後ともよろしくお願いします。

by はる (2013-10-06 17:08) 

エス

はじめまして、エスと申します。
私の母もこのたびこの長い名前の特定疾患に認定されることになりました。
今までの看病と、自分のメンタルの弱さから今心がとても落ち込んでいて、とても気持ちがつらいです。
こちらのブログをようやく見つけて、少しづつ読み進めているところです。
勉強させてください。
よろしくお願いします。
by エス (2014-04-19 07:07) 

はる

エスさん、ご訪問&コメントありがとうございます。
とても気分が落ち込んでいるみたいですが、少しづつ前に進む気持ちを持ってもらえたら幸いです。1番大事なことは「一人でなんでもか抱え込まない」ことだと思います。家族など回りを巻き込んでこの病気に向かい合うことが大事だと思いますが、もし環境が許さなければ、ぜひこのブログを気持ちを吐き出す場にでも使って下さい。
なお、私の妻は順調に回復しており、6月に3・4回目の手術をする予定になっておりますが、その時には是非在宅酸素療法を終わらせられたらと思っています。最初は凄い病気かと思いましたが、適切な治療を受ければ確実に良くなるのではないかと思いますので、一緒に頑張りましょう!
by はる (2014-04-19 11:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
壁紙_家族の絵001.jpg
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...