So-net無料ブログ作成
検索選択

【ドラマ『とんび』を観て思った 家族が一緒に暮らせる幸せ】 [テレビ・ラジオ]

久しぶりにテレビで連続ドラマを観ています。

日曜劇場『とんび』という親子の暮らしを描いたドラマです。

TBS日曜劇場_とんび

劇中ではささやかな幸せを喜び合って暮らしていた家族が、ふとした事故からお母さんが亡くなってしまうところから始まります。

現在は、男手ひとつで子供を育てることに苦悩しながらも周りの手助けでなんとかやっている姿が描かれています。


最近このような家族をテーマにした内容のドラマには滅法弱く、いつも鼻をすすりながら観ています。


私は家族が一緒に暮らすことについて、普通の人よりも強い思い入れがあるのではないかと思います。

誰だって家族が一緒に暮らすことを願わない方はいないと思いますが…。

ただ、人によってはそれぞれの事情でそうならない場合もあると思います。

死別、離婚、単身赴任、その他、各家庭には各家庭の事情があると思います。

死別のようにどうしようもないこともあれば、離婚や単身赴任の様に意思をもってそうした場合もあるでしょう。

そのことについて、是非をうんぬんするつもりは毛頭ありません。

それぞれの事情があるのですから…。

今日は本当に私のまったくな個人的な思いを綴りたい、そう思っています。


お父さんの都合で何十回となく引っ越しを経験した友人が高校生くらいからは単身赴任に切り替わったなんて話を聞きます。

確かにいずれは子供は巣立ち自分の住居からいなくなってしまうでしょうから時期だけの問題かもしれません。

結婚しないでいつまでも一緒にいられても困るかもしれませんが、少なくとも扶養家族でいるうちは私は転勤があるような仕事は選びません。

住まいが安定しない仕事はいくら給料や待遇が良くても私には価値が低いのです。

仕事をバリバリされている方には、『男のくせに』って思われるかもしれませんが、家族が一緒に暮らせないような可能性がある仕事は魅力がないのです。

少なくとも私にとって家族と一緒に暮らすということの比重は結構大きいのです。

転勤命令があってから考えるのではなく、『転勤』を最初から避ける勤め方をしています。


また、先日は近所の同世代の旦那さん(子供の友人の父親)と話す機会があり、彼は「子供が巣立った後、奥さんと2人きりになったら、どうやって暮せばいいだろう…」などと、心配?していました。

まぁ、少しはテレ隠しもあるのかもしれませんが、結構こういう夫婦って多いように聞きます。

子供ができてからは2人きりで出かけることもなく、たまに2人きりになると子供の話以外共通の話題もなく困ってしまうというケース。

私自身、妻と二人きりで出かけることはあまり多くありませんが、二人で出かける機会があれば、喫茶店に寄ったりして二人の時間を楽しむことができます。

だから子供と一緒の今もとても楽しく幸せですが、二人の暮らしがきたら、その時は二人の暮らしを楽しみたいって思っています。

(妻が『えぇ?マジ?』なんて思っていたらどうしましょ?)


ところで家族が一緒に暮らせないシチュエーションとしては離婚というケースも多いかもしれません。

離婚も家庭それぞれの事情があるので、それについては特に良いも悪いもないのですが、私自身のことだけに限って言えば、やはり一緒に暮らせないということは人生の大きな不幸だと思います。

実際に『もうこのままでは無理かな』って、諦めに近い状況まで夫婦関係が悪化した時期も経験しましたので今一緒に暮らしている幸せを私はとても強く感じます。

悪化していた時期はこんな風に思っていました。

『自分にはかなり合っている人を選んで結婚したつもりなのに、それでもこんな風になってしまうなんて、きっと俺は結婚なんてものに向かない人間なんだな』って、思ったものです。


よく、『失ってみてわかる幸せ』って言われることがありますが、

私、そうなったことがないのでわかりませんが、『家族との暮らし』ってきっとそうなんじゃないかなって勝手に想像しています。



カテゴリ別記事一覧
〔テレビ・ラジオ〕
◆ 気になった番組のご紹介やテレビ・ラジオにまつわるお話をあれこれ…。
テレビ・ラジオ_はるのたわごと_カテゴリ別記事一覧_画像
画像をクリックすると関連カテゴリの記事一覧がご覧になれます



スポンサーリンク

記事を最後までお読み下さり
ありがとうございました<(_ _)>

記事が良かったと思われた方は
ご協力のクリックをお願いします
 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
〔当ブログのご紹介〕
『はるのたわごと』ってこんなブログです

〔サイトマップ〕
『はるのたわごと』の歩き方

〔記事カテゴリ一覧〕
『はるのたわごと』の記事カテゴリをご紹介

⇒ 最新記事へ

スポンサーリンク

nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 8

コメント 2

いっぷく

なるほど。それは温かい健全なご家庭で
育ったもっともなお考えだと思います。
私の場合には、以前も書きましたが、
俗人の両親に生まれ、悪いところも含めて
親離れ子離れできず人生を振り回されたと思っている
ところがあるので、自分の子どもには、中学を出たら
親をぶん殴って家紋をひっちゃぶいて
出てってくれてもいいと思っています。
まあ極論ですが、要するに親離れできない
不幸を繰り返さないで欲しいという考えです。
妻は、まあうちの両親とは別な意味で問題があって
親にいろいろ迷惑をかけられたようなので
私と経緯は違いますが、子どもは親に足を引っ張られない
人生を送ったほうがいい、と思っているようです。
ただ、肉親であっても人間関係は毎日の丹精である
と思っているので、一緒に生活をしている時は
家族としての温かい暮らしを大切にしようと思っています。
by いっぷく (2013-01-21 04:41) 

はる

いっぷくさん、ご返事が遅れてすみません。
まぁ、それぞれ家庭の事情というものがありますから、一概に「これがあるべき姿だ」みたいなものはないですよね。
私は、子どもの頃から「自分の家族を持ちたい」って願望が強くありまして、それが叶ってとても嬉しく感じています。
そして、家族が最も頼りになり支え合っていける存在だと思っています。
by はる (2013-01-23 01:04) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
壁紙_家族の絵001.jpg
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。