So-net無料ブログ作成

【スーパーカーと言えば、やっぱりカウンタックでしょう】 [クルマ・バイク]

前回のクルマネタが好評だったので今回もクルマの話題です。

【ケンとメリー 愛のスカイライン ~私の車遍歴】

今回は私の乗っていた平凡な奴ではなく『スーパーカー』です。

私の小学生時代、爆発的なスーパーカーブームが到来しました。


『スーパーカー』と聞けば‥‥

私の中では間違いなく『ランボルギーニ・カウンタック』です。

kauntack
ガルウイングと呼ばれるドアがまず画期的でした。


今は『イタ車』と言えば、『痛車』で、初音ミクとかアニメキャラクターが描かれた車を指すかもしれませんが、

痛車

私たちの小学生時代は『イタ車』と言えば、スーパーカー、スーパーカーと言えばイタリアでした。

当時、外国と言えばイコール『アメリカ』だった私の辞書に、『イタリア』が一気に浮上しました。

ポルシェやBMWも一応はスーパーカーにカテゴライズされていたようですが、私は眼中にありませんでした。

やっぱりランボルギーニに代表されるような『そこらに走ってないような』クルマじゃないとスーパーカーとは呼べませんでした。

私の中では性能よりもあくまで『見た目』です。

正統派のイタ車の雄はフェラーリだったのでしょうが、やっぱりスーパーカーの代名詞と言えば、カウンタックでしょう。

日本にあんなクルマ無かったですから…。


ちなみに日本のスーパーカーブームが下火になりつつある頃に国産車で『童夢零(ゼロ)』なんてクルマが作られて話題になりました。

domuzero

でも何だかイメージが違います。

どちらかというとウルトラセブンに出てきそうで髪の長い女性が助手席に座っていなさそうです。(笑)


フェラーリで一番人気があったのはコレ!

512BB(ベルリネッタ・ボクサー)
ferrari

私も512BBは大好きでプラモデルも持っていました。

実際、「カウンタックが好き!」って言うと、いかにもスーパーカーを知らなくてバカにされそうなので、ちょっと渋めの512BBです。

このクルマもカウンタックと人気を二分するほどの人気でしたね。

街中で本物のカウンタックを見たことがありましたが、『なんて平べったいんだ…。(^^;』というのが率直な感想です。

文字通り「地べたを這う」感じです。

音もスゴい爆音を轟かせてました。

何せ5000ccのばかでかいエンジンですからね。

(市販車はもうちょっと小さいエンジンかも…)

他にはデトマソパンテーラとかランチャストラトスとかマセラティボラとか全く耳障りが慣れてない響きが子供ゴコロをくすぐりました。

デトマソパンテーラ
detomaso

ランチャストラトス
lancia


私が当時1番好きだったスーパーカーは…

ランボルギーニ・イオタ
Jota


値段が高い代名詞だったランボルギーニ・ミウラとスタイルは似ていましたが私はイオタファンでした。

ちょっと洗練されていない『トガッた感じ』が好きだったんだと思います。

ランボルギーニ・ミウラ
miura


ローマ字を覚えた私には『イオタ』の綴りが何故『J』から始まるのかが最大の謎でしたが、『やっぱ、イタリアはアメリカとは違うんだよな』って、ヨーロッパというカテゴリーを意識した初めての出来事だった気がします。

私はキン肉マン消しゴムは集めませんでしたが、スーパーカー消しゴムは山ほど集めた世代です。

きっと近所のオモチャ屋でガチャガチャが稼ぎ頭だったでしょう(笑)


ところで…

今、こうして写真を見てみるとカウンタックは別格としても、そのほかのクルマはそんなにデザイン的に突出した感じはしませんね。

当時は『すごいシビれるデザイン』だと思ったんですが…。

それだけテクノロジーだけでなく『デザイン』も進化しているということですね。

スーパーカーよりも身近な憧れのクルマはコレ 

【カッコいいクルマ セリカXX】








カテゴリ別記事一覧
〔クルマ・バイク〕
◆ クルマ、バイクに対する私の思入れや思い出などをコラムでお伝えします。
セリカxx
画像をクリックすると関連カテゴリの記事一覧がご覧になれます



スポンサーリンク

記事を最後までお読み下さり
ありがとうございました<(_ _)>

記事が良かったと思われた方は
ご協力のクリックをお願いします
 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
〔当ブログのご紹介〕
『はるのたわごと』ってこんなブログです

〔サイトマップ〕
『はるのたわごと』の歩き方

〔記事カテゴリ一覧〕
『はるのたわごと』の記事カテゴリをご紹介

⇒ 最新記事へ

スポンサーリンク

nice!(12)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 12

コメント 8

いっぷく

スーパーカーなんて私には夢のまた夢で
よくわかりませんがカウンタックって
もしかして「バックトゥザフューチャー」に出てた車でしょうか?
ドアが上に開くのでかっこいいなと思ったのをおぼえています。

by いっぷく (2012-10-12 02:48) 

はる

いっぷくさん、コメントありがとうございます
バックトゥザフューチャーに出てきたのはデロリアンと呼ばれるタイムマシンですよね?残念ながらあれはカウンタックではありません。
調べましたら、あのクルマのベースは1車種しか販売しなかったデロリアン社製の『DMC-12』というクルマだそうです。カモメの羽みたいにドアが開きますよね。会社名デロリアンを通称に持つこのクルマ。ご興味あたら『デロリアン』で検索!
by はる (2012-10-12 08:11) 

朝比奈

私は、ランボルギーニ・ミウラが好きでしたね~! ^^
いや~、懐かしい。

カウンタックもカッコいいですよね~。
燃費どのくらいなんでしょうね~!? ^^;

おっと!スーパーカーに燃費の話しはご法度ですね!!
失礼しました。^^

とても懐かしい記事、ありがとうございました。

今度は…ガッチャマンの実写化も決定したことですし、懐かしのアニメシリーズなんかお願いできませんか? ^^;



by 朝比奈 (2012-10-12 21:45) 

はる

朝比奈さん、コメントありがとうございます。
喜んで頂けて嬉しいです。朝比奈さんはミウラですか…。 懐かしアニメシリーズもいいですね。ガッチャマンはやっぱり「コンドルのジョー」がカッコよかったですよね。
by はる (2012-10-13 00:24) 

朝比奈

はるさんは、「コンドルのジョー」ですか…
確かにカッコよかったです。

私は、「白鳥のジュン」一押しです。^^

実写版では、剛力彩芽が演じますね!?
映画は、多分、観に行っちゃうと思います。^^;


by 朝比奈 (2012-10-13 12:22) 

はる

朝比奈さん、やっぱ「白鳥のジュン」ですか。

実は私も(^_^;)

行っちゃいますか。剛力彩芽のコスプレ目当てですか?(笑)
ちなみにヤッターマンの実写版で深田恭子のドロンジョ目当てのおっさんは多かったでしょうね、私の友人は見に行ってましたから…。
by はる (2012-10-13 18:36) 

朝比奈

やっぱり…^^;
白鳥のジュンでしょ~?!

ドロンジョいいっすね!? 観に行きましたよ!! ^^;
最高でしたね!!

当然! 剛力彩芽のコスプレ目当てです!!

なんか、こういう系の話しって盛り上がりますね!?
^^

by 朝比奈 (2012-10-14 18:47) 

はる

そうですね、やっぱり盛り上がっちゃいます。
ちなみに、多摩センターにある『サンリオピューロランド』は、おやじに人気のスポットだって知ってました?ショーのお姉さんがとてもきれいだとひそかなおやじスポットになっています。
by はる (2012-10-15 00:41) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

壁紙_家族の絵001.jpg
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。