So-net無料ブログ作成
検索選択

【私が東京新聞を好きな理由】 [コラム集 「TAWAGOTO」]

私の社会人になってからの新聞の付き合い方は、ほとんどが

『電車の中で読むもの』としてのものでした。

新聞


朝刊を家に配達してもらい、それを持って家を出て、電車の中で読む。

しかも、みっちりはあまり読みません。ざぁーっと。

最近は特に「ざぁーっ」とですね。

ネットでニュースが読めるようになってから、

新聞の記事はやっぱり鮮度が落ちてる感は否めません。

ネットでパッと見た見出しやななめ読みしたものがほとんどです。

さて私は、社会人になってから自分で新聞を買うようになったのですが、

最初の半年くらいを除いて、ずーっと東京新聞一筋です。

妻が勧誘員からの『おまけ』に負けて

過去3回ほど違う新聞を3か月づつとったことがことがありますが、

それ以外は東京新聞一筋です。(笑)



ある日、新聞屋さんがチャイムを鳴らします。

モニターフォンで対応すると、

「〇〇新聞ですが、ご契約のお約束でしたので、お伺いしましたぁ」

とのこと。

私はそれまで勝手に契約を替えた妻に対して、こっぴどく叱っていたので、

「え?新聞替えたの?」と、ちょっとムッとして聞きました。

「え?知らないよ。」


ちょっと面倒でしたが、とりあえず私が出ることにしました。

「あのぉ、1年前に契約してもらったので、伺いました。」

「はぁ?」

(新手のセールストークか…。そんな1年先の契約なんかするわけねぇだろ!)

「そんな契約してないよ。」

「あ、ここに申込書あります。(申込書を差し出し)ここに。」

「…。(おいおい申込書まで偽造しちゃうのかよ…)」

「お引越しされました?前のお宅に行ったら別の方が入居されていて…。

ずいぶん探しましたよ。」

「ちょ、ちょっと待ってもらえる?」

私は、一応間違いないかどうかを確認して、

もしインチキだったら、販売店に怒鳴り込んでやろうと思っています。

一度、家に入ってリビングの妻に事情を説明すると、

「あ!あった!そうそう、そういえばハンコ押した、私。」

「えー!だって1年前だよ!」

「うん、そのときお米切らしちゃって…。お米券くれるっていうから

手持ちのお金もちょうど無くて…。」

「それで、1年先の契約したの?」

「だって、東京新聞1年契約したばっかりだったから…。忘れてた!(てへっ)」

(契約を促す方も促す方だが、契約しちゃう方もしちゃう方だ…。)

私は、かなり呆れましたが、約束した上に、

ちゃっかりお米券までもらっていたとなったら、

元の家からは歩いて来れる距離とはいえ、

わざわざ新居を探して、来てもらって申し訳ないです。

慌てて玄関先で待っている新聞屋さんのところにいって、

事情は呑み込めたからよろしくお願いしますと、

とりあえず約束の1ヶ月分の契約をしました。

まぁ、ここまでしてくれたら少なくとも3ヶ月はとってあげるのが人情なんでしょうが、

本当に私は東京新聞フリークなんです。1日でも他の新聞を読むのは苦痛です。

最近はあまり勧誘に来ないみたいですが、

勧誘時に本当に『山のようなおまけ』を提示されました。

私がたまたま出たときに、頑なに拒否してると、

『おまけの量が少ないから渋ってる』と思うのか、

「じゃぁ、3ヶ月契約してくれたら、これも差し上げます!」

なんて言って、ほとんど新聞代と同じくらいのものを出してきて、

『これで新聞売って儲かるの?』ってこっちが心配になってきます。

私は、

「新聞は内容でとってるんで、おまけが増えても替える気はありませんので…」

と、お断りします。


私が何でこんなに東京新聞ファンかと申しますと…

まず、私はそんなにみっちり新聞読まないので、

『薄くて安い東京新聞』がちょうど良いのです。

私は広告ページが沢山ある新聞はめくるのが面倒で嫌いです。

東京新聞はほぼ広告がありません。あっても2ページがいいとこ。

新聞はその日の出勤時間を過ぎると『新聞紙』に変わります

私は一応自宅にその『新聞紙』を持ち帰りますが、ページ数の多い新聞は、

捨てる『新聞紙』の量が多くてイライラします。

その点、東京新聞はちょうどいい『薄さ』です。

もちろん、勧誘員さんにお話ししている通り、内容も好きです。

一言でいえば、『週刊誌みたいな新聞』だからです。

取り上げる話題がとてもちっちゃなことだったりしますが、

「流行りすたり」に関係なく、息長く一つのことを追跡調査したりして、

深く掘り下げる『こちら特報部』というコーナーが好きです。

ただ、残念ながら私の好きなこの特色は最近めっきり色褪せてきて、

大新聞のようにやたら「正義感」が鼻につく感じになってしまったのが気になります。

そのため、最近はちょっとこのアドバンテージは薄れつつあります。

また、球団を持っていますが、

あまりしつこく自球団の記事をバンバン載せるって感じもないので、

『うるさく』ないのも良いです。

また、つまらないことですが、テレビ欄が真ん中のページになっていて、

家にテレビ欄を置いていくのに都合が良かったのもポイントです。

ただ、我が家にも地デジが導入され、

このアドバンテージも今はあまりどうでも良くなってしまいました。

ということで、このまま東京新聞が広告をやたらにとってきて、『分厚く』なって、

購読料値上げなんてことになったら、

私が東京新聞をとる理由が無くなってしまうかもしれません…。

是非、この部分は死守して欲しいものです。


昔は、『新聞はインテリが作って、ほにゃらら…』って言葉がありましたが、

最近は、強引な勧誘もないみたいですね。


私が都内で一人暮らしをしている頃は結構強引なこともありました。

ポストに私がサインもハンコも押していない契約書が投かんされており、

翌日には勝手に新聞が配達されたりしてました。

結構、強引な勧誘もあってトラブルが続出し、

同じアパートの他の部屋の住人とは警察沙汰になったなんて話も聞きました。


ところで、今後は『タブレット端末』なんて普及したら、

新聞買う人も減るんじゃないかなって思います。

まぁ、実際減ってるんだと思います。

私は、自宅まで届けてきてくれて、とても良いサービスだと思っているので、

新聞には頑張って欲しいとは思います。

まぁ、他の新聞がダメになっても東京新聞だけはなんとか

頑張って欲しいと思うところです。

ここで、東京新聞のリンクでも貼っていたら、

『お前、さては新聞拡張員だろう?』なんて思われちゃいますかね?

私は本当に単なる1ファンです。(笑)

頑張れ東京新聞!

ちなみに中日ファンでもありません<(_ _)>


記事を書いてその後

この記事で東京新聞を絶賛しておりますが、最近はどうも状況が変わってきました。

編集の人が変わったのか、会社として方針が変更になったのか、従来の『週刊誌的な』部分がめっきり無くなってしまいました。

しかも一面に反保守、反原発の記事ばかりでさすがに辟易します。

私も新聞に公平性を求めようとは思っていませんが、あからさま過ぎて他の記事にしわ寄せがきてるのは一目瞭然でひどいです。

そろそろ新聞を取るのは潮時なのかなぁって気もしています。

更にその後

東京新聞が好きかどうかは別として既にネットでのニュースがあふれる中、新聞をわざわざ有料で配達してもらうことの意味を感じなくなり東京新聞の契約は打ち切りました。

私はくまなく新聞を読むようなタイプではありませんので、前日の夜にネット上で既に読んでしまった記事ばかりの新聞を取る意味を感じなくなってしまったのが大きな理由です。

◆ 「ふと思ったこと」や「自分の考え方を整理する」意味で書き綴ったコラムです。
コラム集「TAWAGOTO」_はるのたわごと_カテゴリ別記事一覧_画像
画像をクリックすると関連カテゴリの記事一覧がご覧になれます



スポンサーリンク

記事を最後までお読み下さり
ありがとうございました<(_ _)>

記事が良かったと思われた方は
ご協力のクリックをお願いします
 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
〔当ブログのご紹介〕
『はるのたわごと』ってこんなブログです

〔サイトマップ〕
『はるのたわごと』の歩き方

〔記事カテゴリ一覧〕
『はるのたわごと』の記事カテゴリをご紹介

⇒ 最新記事へ

スポンサーリンク

nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 12

コメント 2

いっぷく

私は朝日ですが、以前の理由は「求人欄」です。
でも最近はあまりたいした求人もないので
(というか年をとって自分が応募できる求人が少なくなったので)
今の理由は、販売店が古新聞とトイレットペーパーを
取り替えてくれるから、ということですね。
東京新聞は就職試験を落ちたところだから……
というのはあまり関係ないですね。
東スポも落ちたけど毎日読んでますし。はは
by いっぷく (2012-10-10 03:28) 

はる

いっぷくさん、こんばんは。
新聞社を受けたりされていたんですね。
私は転職に関する記事を書いたりしていますが、新聞の求人欄を意識したことって、ないことに改めて気が付きました。床屋さんは必ず新聞っていうのは聞いたことあるけど…。
by はる (2012-10-11 03:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
壁紙_家族の絵001.jpg
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...