So-net無料ブログ作成

【人材紹介会社の担当者次第でうまくいかないこともある… ~経理管理職の転職15~】 [私の転職活動]


〔15〕
人材紹介会社の担当者次第でうまくいかないこともある

さて、順調に二次面接まで終えたFD社の転職活動。

最後の仕上げということで、私は合格通知を心待ちにしていました。

二次面接を終えて、数日後、確かほかの会社の面接に向かう最中だったと思います。

担当のHR社の担当者(若手男子)から携帯に電話が入りました。

「はるさん、先日面接を受けて頂いた、FD社ですが、現在、最終選考中で2人に絞られているそうです。

先方から給与の希望について再度確認が入っておりますので、ご希望をお伺いさせて頂けますか?」

「はい、一応面接でも聞かれましたので同じようにお答えしましたが、企業様のご提示条件に従います。

また、面接でも具体的に聞かれましたので募集要項の最低額〇百万円を頂ければ結構ですとお答えしてありますが…」

「はい、それは私も聞いております。

ただ、先方としては2者の比較もありまして…もう一度確認したいということです。」

「え???特に変更もありませんが、どのようにお答えするのがよろしいでんしょうか?」

「あ、いえ、特にそういうのはないですが…。それでは再度、そのように先方にお伝えしておきます。」

「はい、よろしくお願いします。」

いまいち、電話の趣旨がよく分からなかったのですが、とにかく最終選考のようなので、よろしくお願いしますと低姿勢でお願いしました。

さて同日、他社の面接を終えて自宅に帰るとまた、例のHR社若手担当者から電話が入りました。

「すみません、はるさん。もう一度確認したいのですが…」

「はい、どのような件でしょうか?」

「給料のことなんですけど…。

先方から再度確認するように言われてお電話した次第です。」

「はい、どのように…」

「先日のご提示の金額なんですが、先方で『うちに来てもらうにはおいくらでしたら可能なのか』と言われまして…」

「ですから先日お知らせした金額でしたら先方も納得ずくの金額でしょうから、最低ラインでOKとお伝え頂いているかと思いますが…

何か問題がありましたでしょうか?」

「え、いや、問題はないのですが…。その、最低どのくらいの金額で来てもらえるのかと…」

「???、先方の金額のご希望があるのでしょうか?

もし、あるなら金額をご提示頂ければお答え致しますが…」

「あ、いえ、そういうのはないんですが…、最終審査でどちらの候補者に決定するか、加味したいようで…(しどろもどろ)」

どうも、的を得ませんが、話の流れからしてこういうことのようです。

私ともう一人、どちらも会社の希望要件を満たしていて、どちらが入社しても企業側は良いと判断している。

そうなると人件費をできるだけ抑えられる方が良いので安い給料で雇える方を採用したい。

しかも会社が募集要件で示した最低金額以下でなんとかまとまらないかとスケベ根性を出していて、私ともう一人が自分から低い給料を提示して「是非、入社させてください!」と言わせたいようです。

この担当者はあろうことか「絶対入ると確約できる給料金額を教えて頂けませんでしょうか?」とのたまいました。

確かに買い手市場のこの時期、求職者に主導権がないので大抵のことは飲みますが、これから入る会社の給料を「セリにかけられるような真似」をされて「はいそうですか」とホイホイ応えられません。

しかもこちらも「どうしても入りたい」って思っている会社ではないし、そんな質問に答えることもしようと思えません。

私は担当者に

「先日お話した通り、〇百万円頂ければOKだと再度お伝えください。

もし、その金額で問題あるようでしたら、おいくらがご希望なのか逆にご提示して頂くようにお伝え頂けませんでしょうか?」

と伝えました。

担当者は、

「わかりました。

では最低〇百万円なら必ず入社するということで宜しいですね?」

「え?私、合格なんですか?

合格と言われてもいないのに、そのような答え方をしなければいけないのですか?

これは一体何のお話なんでしょうか?

何か金額でもめているのでしたら私はできるだけご希望に沿えるように考えますので、うまく交渉して頂けると助かるのですが…」

「あ、はい、べ、別にもめているというわけではありませんで…。

とにかく、〇百万円で、入社ご希望ということでお伝えしておきます。」

「よろしくお願いします」

電話を切った後も釈然としない思いでした。

私は給料の最低ラインを決めて転職活動をしているので給料が希望に満たない会社には応募しません。

二次面接まで来て、しかも会社が提示している最低ラインで良いとこちらは言っているのに、こんな風になるのは、ちょっと「勘弁してよ」って感じでした。

恐らく担当者の立ち回りが上手であれば、仮に企業側でこのような申し出があっても、もうちょっとうまく両者を取り持ってくれると思います。

正直言って、この担当者はコミュニケーションスキルがあまりにも幼稚過ぎて言われたことを右から左に流すだけって感じでした。

こういう話をうまくまとめるためにエージェントが存在するように思うのですが、どうも彼の中ではそんなスキルは持ち合わせていないようです。

私はエージェントの方の仲立ちにより、うまく話が進められた案件もありましたのでエージェントの存在意義ってとても重要だと感じています。

今回の担当者のようにコミュニケーションスキルが低く、「人と人の仲立ちをする」ということがどういうことか、まったくわかっていない人もいます。

この案件では、この後も似たような電話を担当者から受け、結局、この話はどうしたいのかが分からず、

「合格通知が来たら教えてくれ」

と、言って適当にあしらうことにしました。

もともと、入りたくてしょうがないって思った会社でもなかったので縁がなかったと思うことにしました。

この担当者はその後音信不通になりました。

合格でも不合格でも良いから最終の結果を求職者に連絡するぐらいは最低の礼儀だと思うのですが、うまくいかないと思うと音信不通になるぐらいのことは平気でやってのけます。

私は良い担当者をパートナーにすることも転職活動では大事だなとつくづく感じました。

その後の活動にとっては良い経験でした。

実際、先に進んだ案件はどの担当者も本当に気配りの行き届いた素晴らしい方々で私の強い味方になってもらえました。

ということで、二次面接まで順調に進んだFD社の活動は結果が合格だか不合格だかもわからないまま、フェイドアウトという、なんとも言えない結果となってしまいました。


しかし!

こんなことで、いちいちイライラしたり腐っている暇は私にはありません。


3月26日に合格通知は来ているのです。

この案件も私は張り切って面接に臨みました。

このお話はまた、次回にお伝えしたいと思います。


それでは、次回をお楽しみに…

次の記事はコチラ

〔16〕
3件目の書類選考が通った!

「悩むのは、『合格通知』を手にしてから…」を自分に言い聞かせて応募したのですが、見事書類選考通過です。



シリーズ
〔経理管理職の転職〕
サラリーマン_分かれ道
経理課長として勤務していた企業がリーマンショックの影響をもろに受け転職を余儀なくされ立ち向かった経理マンの転職の記録
〔01〕
リーマンショック下の決断

私の転職の覚悟を強く維持してくれたもの…それは小学生の息子の流した大粒の涙でした…
〔02〕
嵐の中に飛び出した日

そして、ついに2008年の年末にリストラ案が採択され、現行の従業員の1/3以上を離職させるということになりました。
〔03〕
メンターとの再会

メンターの高見さんは開口一番、「はるさん、とにかく会社へ退職の意思表示をしないこと、これを絶対守ってください」
〔04〕
人材紹介サイトに登録しまくった

業種は本当にバラバラですね。職種はすべて経理職です。
〔05〕
初オファーは上場企業から!

「結構やるじゃん。上場企業に入れるかもしれないぞ!」と一気に気分は盛り上がりました。
〔06〕
リラックスして臨んだ初面接の結果は?

張り切って臨んだNM社紹介の衛生用品販売会社NC社の面接…
〔07〕
傷心の暇もなく応募し続ける

我が家の経済を破たんに追い込まないためには、何としても早く転職先を見つけないと…
感傷に浸っている暇はありません。
〔08〕
希望退職を決意した時にメンターに刺された釘

「退職するのは、次の就職先が決まってから」と、釘を刺されていました。
〔09〕
ヘッドハンターと会ってみた 「ヘッドハンティングの実体験」

ヘッドハンティングというとちょっとドラマ風ですが、アプローチはほかの人材紹介会社と同様でした。
〔10〕
ヘッドハンティングでいきなり社長面接

ホテルのロビーでヘッドハンターと待ち合わせして簡単な打ち合わせをして、すぐに社長と待ち合わせのラウンジへ
〔11〕
ヘッドハンティング企業への訪問 そして決断

ヘッドハンティングを受けた企業へいよいよ訪問です。
〔12〕
書類選考 通過しない日々の過ごし方

2月14日から2月28日までに応募した書類選考の結果です。
16戦全敗です。
〔13〕
面接官は立ち向かうべき敵ではない

ここは前向きにメンターの言う、「とにかく『合格通知』をゲットすること!」の教えに従うことにしました。
〔14〕
一次面接突破!

めでたく3月27日に合格の連絡がきました!
〔15〕
人材紹介会社の担当者次第でうまくいかないこともある…

確かに買い手市場のこの時期、求職者に主導権がないので大抵のことは飲みますが、これから入る会社の給料を「セリにかけられるような真似」をされて「はいそうですか」とホイホイ応えられません。
〔16〕
3件目の書類選考が通った!

「悩むのは、『合格通知』を手にしてから…」を自分に言い聞かせて応募したのですが、見事書類選考通過です。
〔17〕
「面接にはこっそり来てね。」 それって…

「実は今回の案件は現職の経理の管理職の方に問題があり後任者が決まり次第、更迭する予定なんです。」
「はい…………。」
〔18〕
合格ラッシュ到来か!!

まさに「捨てる神あれば、拾う神あり」です。
〔19〕
無給カウントダウンが始まった!

私は2009年3月31日をもって経理課長の職を辞し翌4月1日から無職の身となりました。
〔20〕
面接しながら応募を続ける

合格通知が来なくならないようする対策とは…
〔21〕
決戦前夜

甲社、乙社との決戦前…佳境に入った私の第4回目の転職活動…
〔22〕
とうとう来た合格ラッシュ!

自分のスキルの低さと転職活動の失敗に落ち込みながらも…「前に進むしかない!」と、来る決戦の日に向けて活動を続けていました。
〔23〕
さぁ、初めて立場が逆転した!

複数の企業からオファーが来た時の対処とは…
〔最終回〕
終わった…

健康診断書と小論文を持って臨んだ最終面接…即時に判明しました。

サラリーマン_握手
税理士試験突破を目指して日夜励んだ会計事務所職員での日々。しかし企業の経理職へ方向変換を余儀なくされ…。その転職活動とは?

Facebook転活アプリ


カテゴリ別記事一覧
〔転職成功方程式〕
◆ 転職活動に関して『ヒント』になるようなコラムを書いています。
私の4度の転職の経験がお役立て頂けたら嬉しいです。

転職成功方程式_はるのたわごと_カテゴリ別記事一覧_画像
画像をクリックすると関連カテゴリの記事一覧がご覧になれます


カテゴリ別記事一覧
〔私の転職活動〕
◆ 私の過去4回の転職活動について書いています。
転職活動の参考に、また読み物としてお楽しみ下さい。

私の転職活動_はるのたわごと_カテゴリ別記事一覧_画像
画像をクリックすると関連カテゴリの記事一覧がご覧になれます



スポンサーリンク

記事を最後までお読み下さり
ありがとうございました<(_ _)>

記事が良かったと思われた方は
ご協力のクリックをお願いします
 にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
〔当ブログのご紹介〕
『はるのたわごと』ってこんなブログです

〔サイトマップ〕
『はるのたわごと』の歩き方

〔記事カテゴリ一覧〕
『はるのたわごと』の記事カテゴリをご紹介

⇒ 最新記事へ

スポンサーリンク

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

壁紙_家族の絵001.jpg
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。